日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ザ・昭和のレトロホテル 「ハトヤホテル Ⅱ」

静岡県

前回に続き、昭和モダンの「ハトヤホテル」。
当時の建築技術を駆使したモダンなホテルの館内へ。

ハトヤホテル10
エントランスホールから、昭和ゴージャスなキラキラ照明。
天井からぶら下がったような、キラキラ星の照明。

ハトヤホテル11
広い待合室のフロア。

ハトヤホテル12
2階へのエスカレーター。
照明のデザインも実にバラエティ豊か。

ハトヤホテル13
この丸い惑星風の照明は一際目立つ。
全方向に仄かな光を放つ美しいデザイン。

ハトヤホテル14
2階の天井にもゴージャス感のあるキラ星照明。

ハトヤホテル15
2階からの眺め。

ハトヤホテル16
個人的に最も感激したのがこの本館とシアター別館をつなぐ渡り廊下。
この内観が最高なのだ。

ハトヤホテル17
かまぼこ型の通路入り口。
専用の扉を閉めれば、完全にかまぼこになりそうだ。
そして...

ハトヤホテル18
ご覧あれ!このカッコよさ。
空中廊下と言われるこの飛行機の機内のような廊下は、ハトヤのモダンの目玉である。

ハトヤホテル19
鮮やかな幾何学模様の絨毯。
スペースエイジな窓から漏れる陽光。

ハトヤホテル20
シアター別館はどうやらお休みな様で、電気が点いていなかった。

次回もまだまだハトヤホテルの魅力を探る。

ザ・昭和のレトロホテル 「ハトヤホテル Ⅰ」

静岡県

“伊東に行くならハトヤ 電話は4126(よい風呂)♪”
昭和を代表するCMソングの一つといっていいだろう。

ハトヤホテル01
今回の冒険地はそう、「ハトヤホテル」。
CMは知ってても、実際に泊まった事がある人は意外と少ないはずだ。
レトロだけど古いだけではない、ハトヤホテルの魅力を、冒険紀行の視点で存分にお届けしようと思う。

ハトヤホテル02
ハトヤホテルの開業は昭和22年。
創業者が鳩を出す手品が得意だった事から「ハトヤ」という名称をつけたという。

ハトヤホテル03
ハトヤホテルの初代テレビコマーシャルでは、“近代建築の粋を集めたデラックスな設備”と謳っている。
そう、ここは昭和モダンのホテルなのである。内観の前にまず今回は外観を。

ハトヤホテル04
ホテルの地下にあたる部分にはハトヤ消防隊の車庫がある。
テレビCMでも登場し、安全性をアピールしたバージョンがある。

ハトヤホテル05
開業後に増築を続け、現在5つの建物で成り立っている。
こちらは八角形のタワー、シアター別館。

ハトヤホテル06
そして本館とシアター別館を繋ぐ渡り廊下。
これも内観が気になるぞ。

ハトヤホテル07
ハトヤといえば送迎車ハトヤバス。
トミカリミテッドヴィンテージでハトヤグループ協力のもと、ミニカー再現されている。

ハトヤホテル08
ポップなカラーリングで、当初はハトのイラストは無かった。

ハトヤホテル09
ホテル入り口の前にある街灯もキュート。

ハトヤホテル10
さて、ではいよいよエントランスホールへ。
次回からハトヤホテルの内観編!
続き→

伊東の河畔の温泉情緒 「東海館 後編」

静岡県

前編に続き河畔の温泉情緒溢れる「東海館」。

東海館11
伊東温泉を流れる松川河畔にある「東海館」。
窓からの景観は何とも風情がある。夜なんかもいいだろうな。

東海館12
2階の部屋には、建物の歴史とはまた別の展示もある。
特に取り上げるつもりはなかったが、この「魔除 どんどろ面・どんどろ人形」の展示は凄かった。

東海館13

東海館14
迫力ある表情のお面がズラリと展示されている。
魔除というだけに、力強い作風。

東海館15
特にこの三体(三面?)。
妙にデカくて、近づいて撮ってると結構コワい。お面の魔力を感じる。

東海館16
さて建物の紹介に戻って、こちら三階大広間である。
かつて120畳敷きだった大広間で、温泉浴客の賑やかな宴席が想像できる。

東海館17
大広間の照明はランタンのような風流なデザイン。

東海館18
最上階には望楼がある。

東海館19
ここからだと海も見えるし、山々も、伊東の街並も一望できる。
山側には「ハトヤホテル」も見える。

東海館20
最後に裏情報というか、豆知識。
東海館に隣接したこちらの入り口、「ゲストハウス伊東温泉」である。
こちらは何と2950円から宿泊できる。登録有形文化財に格安で泊まれるという事で、外国人観光客の間で人気上昇中。

伊東の河畔の温泉情緒 「東海館 前編」

静岡県

伊東市東松原町にある「東海館」。
1928年(昭和3年)に温泉旅館として営業開始し、1997年に温泉旅館としての営業を終了。
2001年に伊東市の文化施設として開館したのである。

東海館01
細い路地の駐車場の向こうにあるあの建物が「東海館」。

東海館02
路地が細いため、美しい建物の正面を全体的に見渡す事が難しい。
昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建て。

東海館03
唐破風の入り口には純和風の風格ある玄関。

東海館04
旭日と鶴の彫物が飾られている。
建物自体も伊東市指定文化財に登録されている。

東海館05
現在でも館内で入浴が可能。

東海館06
有料になるが、館内を見学だけでも可能。

東海館07
多くの職人が手を凝らした内装が特長。

東海館08
各階、各部屋ごとに異なった意匠となっている。

東海館09
欄間や障子には、幾何学模様や綱干し状のデザインが施されている。

東海館10
和風建築の結晶の一端を見ることができる。

続き→

80年代センスの甘味処 「スイートハウスわかば」

静岡県

伊東駅から10分ほどだろうか。
キネマ通りにある複数の喫茶店から、今回はここをチョイス。

スウィートハウスわかば01
こちら「スイートハウスわかば」。

スウィートハウスわかば02
喫茶店なんだけど、イチオシはスイーツ。
ソフトクリームを食べる兎キャラは80年代カラー。

スウィートハウスわかば03
静岡県に本社のある「トミヤコーヒー」は、伊東の喫茶店でも看板が多く見られる。

スウィートハウスわかば04
店内は白い壁にグリーンを基調としたインテリア。

スウィートハウスわかば05
素晴らしく80年代的なセンスで統一されている。

スウィートハウスわかば06
飾られている絵は、わたせせいぞう。

スウィートハウスわかば07
店内には電話ボックスもあった。
そうそう、昔の喫茶店は電話ボックスがあるとオシャレだった。
純喫茶の主流はピンクの電話で。

スウィートハウスわかば08
メニューを見ると、スイーツメニューがとても豊富。

スウィートハウスわかば09
今回オーダーしたのはクリームあんみつと

スウィートハウスわかば10
ヨーグルトサンデー。
ソフトクリームの丸みある形状が特徴的。

イチオシのソフトクリームの味は、素朴で懐かしい味。
牧場で濃厚なクリームもいいが、あの甘酸っぱい青春に一瞬でも戻れるクリームもイイ~ね!

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR