日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

情緒豊かな鎌倉物語 「鎌倉駅・裏口 前編」

神奈川県 > 鎌倉市

鎌倉駅の「鶴岡八幡宮」がある東口を表口と呼ぶのに対し、西口は裏口と呼ばれる。
駅からは多くの人が表口の小町通りに吸い込まれていくので裏口の呼び名にはしっくり来るが、我々的にはレトロ好きには裏口からの町並みがオススメ。

ホテルニューカマクラ02
駅を出てから歩いてすぐの所にあるレトロ建築物は、大正時代の建物で現役のホテル「ホテルニューカマクラ」。

鎌倉駅周辺21
また1933年(昭和8年)落成したという「鎌倉市立御成小学校」も近い。
こちらの正門もともとは御用邸の正門だったもので、架けられている校名の看板は明治・昭和期の俳人・高浜虚子筆によるもの。

鎌倉駅周辺22
体育館なのか、神社仏閣に通じる豪勢な造りの建物が通りからでも目を引く。

鎌倉駅周辺23
屋根の塔のような部分も特徴的だ。
ちなみに学校は敷地のほぼ全域が郡衙跡(遺跡)であると推定され、度々考古学調査が行われているそうである。

鎌倉駅周辺24
こちらは「旧安保小児科医院」。大正13年頃に建てられ、平成7年まで医院として使用されていた。建物の内外部とも創建当時の姿をとどめる貴重な医院建築の一つ。

鎌倉駅周辺25
その並びにある渋い雑貨屋。

鎌倉駅周辺26
というより、カラーバットやおもちゃ刀・銃等が並ぶ子供向けの玩具屋。
店内のあちこちに筆で商品名が書かれていて、これまた渋い。

鎌倉駅周辺27
しばらく歩くと存在感のある洋館チックな建物が現れた。

鎌倉駅周辺28
こちらは1927年(昭和2年)竣工の「旧横浜興信銀行由比ガ浜出張所」。
現在は建物をそのまま活かして「THE BANK」というバーになっている。

鎌倉駅周辺29
こちらは綺麗に塗りなおされているが、看板建築っぽい3軒の建物。

鎌倉駅周辺30
こちらは明らかに戦前に建てられたと思しき純和風の「毎日春日新聞店」。
出桁造りの1階に、寺のような2階が乗っかっていたりユニークなギミックのある木造建築。

後編へ続く。
続く→
スポンサーサイト

Comments


どちらかと言うと、「裏口」が好きです。v-238

Re: タイトルなし
さすが分かってらっしゃる!裏口、いいですよね。
こっちから出ると、いわゆる観光地は少ないんですが、やっぱりこっちがオススメです。







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR