日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

瞳の奥に悲しみの聖廃墟 「浦上天主堂」

長崎県

浦上天主堂1
「浦上天主堂」、正式名称は浦上教会。
長崎原爆によって破壊されたが、1958年に再建された。

浦上天主堂2
1945年8月9日、長崎への原爆投下により、爆心地から至近距離に在った浦上天主堂はほぼ原形を留めぬまでに破壊。投下当時、祝日を間近に控えて告解が行われていたため多数の信徒が天主堂に来ていたが、原爆による熱線や、崩れてきた瓦礫の下敷きとなり、天主堂にいた信徒の全員が死亡。痛ましい歴史だ。

浦上天主堂3
ここはステンドグラスが美しい。外からみても綺麗だが、

浦上天主堂4
やはり内部から太陽の光を向こうにした時の美しさは幻想的。
こちらは破壊された旧天主堂を描いたもの。

屋内の写真は撮らなかったが、「被爆マリア像」がある。
1945年の原爆投下により本堂は倒壊するが、戦後マリア像の頭部は神父によって瓦礫の中から発見された像である。

浦上天主堂5
被爆した石像。その瞳の奥には悲しみの聖廃墟が浮かぶ。

浦上天主堂6
爆心地公園に、旧天主堂の遺構が移築されている。

浦上天主堂7
写真の部分がそう。本当に原型を留めないほど破壊されている。

浦上天主堂8
浦上天主堂は、その美しさから東洋一のロマネスク様式の名建築とも評されている。
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR