日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ビギニング・オブ・ハンバーガー 「ボンネット」

静岡県

ボンネット01
今回は「熱海市赤線跡」の程近く、銀座町にある老舗喫茶「ボンネット」の紹介。

ボンネット02
昭和27年、熱海の中心・銀座にオープンしたこちら。
ちなみに店名のボンネットとは車のボンネットではなく、ロゴマークにもあるように頭頂から後ろにかけて深くかぶる婦人帽のこと。

ボンネット03
店内は、都内の純喫茶でも見られるようなレトロでラグジュアリーナ雰囲気。

ボンネット04
ゴージャス感のあるフロアランプもいい感じ。

ボンネット05
珍しいのは中央に置かれた店名入りのオリジナルショーケース。

ボンネット06
洋風な雰囲気のくせに、飾られているのが和風なのがまたいい。

ボンネット07
奥の鏡が店を広く感じさせる。
華やかだった時代そのままの雰囲気で、フロアランプが薄暗い店内をロマンチックに灯している。

ボンネット08
実は、この店のメインはコーヒーではなく、サンドウィッチやハンバーガー。

ボンネット09
特にハンバーガーは、戦後まもなく米軍のキャンプに出入りしていたマスターが味を覚えて日本風にアレンジ、日本で馴染みの無かった「ハンバーガー」をメインに店をオープンさせたそう。

ボンネット10
これが当時の人々を驚かせ、半世紀以上経った今も変わらず親しまれている「ハンバーガー」。これがウマイ!懐かしい味ってだけじゃなく、素朴でくどくなくて、小ぶりのウマいハンバーガー。500円なり。

ハンバーガーが馴染みの無い時代...。それは我々世代には想像もつかないが、当初は奇妙がられたそう。でもやっぱりウマいものは話題になるもんで、熱海に訪れた歌手やタレント、三島由紀夫をはじめ文豪も、数多くの著名人が訪れるようになったという。
奥座敷・熱海で生まれたオリジナルハンバーガー。「ボンネット」はタダ者じゃなかった。
スポンサーサイト

Comments


ハンバーガー、美味しそうですね。まぢで おなかがグ~ってなりましたね。今から友人とランチするんですけど、ハンバーガーに変更したくなりましたよ♪…お外なので、またじっくり伺います。(^-^)
Re: タイトルなし
ハンバーガーは中毒性ありますね!
自分で組み立てるハンバーガーもいいんですよね。組み立ててる過程が。







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR