日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

面長のエキゾチックフェイス 「福泉寺・首大仏」

静岡県

湯河原温泉にある「福泉寺」(住所としては静岡県熱海市)。
福泉寺・首大仏1
ここに首大仏と呼ばれる大仏がおわすという事で、大仏好きの我々としてはほっとけない!

福泉寺・首大仏2
階段を上りきる頃、向こうの方に大きな顔がこちらを見つめている。
あれだ!間違いないっ!

福泉寺・首大仏3
こちらが「首大仏」。入り口の方を見つめているので、ド正面からズンズン近づく事になる。

福泉寺・首大仏4
それにしても個性的なお顔である。
異様に長いナスビ型の顔に、日本人離れした切れ長のエキゾチックな眼差し。王道の大仏なら、ふくよかフェイスに半眼もしくは目を閉じているにもかかわらず...。

福泉寺・首大仏6
そして珍しいのは、こちら陶製である事。黒っぽい螺髪がギラリと光っている。

福泉寺・首大仏5
目の部分も陶製のため、同様に艶っぽく光っている。見開いた茶色っぽい目の眼光鋭い。
よく見ると耳穴から雑草が生え、耳毛のようになっている。

福泉寺・首大仏7
考えてみれば大仏と見つめ合える機会なんてそう無い。目を見開いてるのは稀だし、そもそも本来目線が違うからね。
暑い日ざしの中で、そのエキゾチックフェイスのその眼差しにスッと心が落ち着いた...気がした。

こちらの大仏も、やはり元は全身像で尾張藩主・徳川光友が母の供養のため名古屋城に造らせたもので、戦乱の中でここ「福泉寺」にたどりついたそうだ。
ごたごたの内に首から下の部分が行方不明になったとのこと。名古屋のどこかに、今も埋まっているのかもしれない。
スポンサーサイト

Comments


あらま!! 身体部分が行方不明ですか?!?!!!

この大仏さまは、福耳ですね。羨ましいです。v-7
・・・てゆうか、大仏さまは、皆 耳が大きいですかね・・・?
Re: タイトルなし
言われてみれば、かなりの福耳ですね~
さらによく見ると、どこかの国の「耳長族(だったかな?)」みたいに、耳に錘をつけて、あえて極端な福耳にしたような形状です。
面長な分、耳も長いですね。







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR