日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

朽ち果てた海上都市 「軍艦島 上陸編」

長崎県

軍艦島は長崎市にある島で、正確には端島(はしま)という。
かつては海底炭鉱としてにぎわったが、閉山とともに島民が島を離れたため、1974年より無人島となり廃墟化しているが、近年は産業遺産としても注目されていた。2009年からは観光客が上陸・見学できるようになったとあって、我々も是非訪れてみたかった。
前回に続き軍艦島の冒険。今回は上陸編。

軍艦島11
長崎湾の向こう、蜃気楼の中にあった軍艦島。
ついに、我々は「ドルフィン桟橋」より足を踏み入れる。

軍艦島12
その姿は、まるでコンクリートの要塞のよう。
軍艦島に降り立つと、感慨深いものがあった。いつの間にか言葉少なになる。

軍艦島13
こちらの支柱は、貯炭場にあったベルトコンベアーの跡。
当時、集められた石炭はベルトコンベアーで船に運ばれていた。

軍艦島14
その支柱の向こうに端島小中学校のあった70号棟が見える。

軍艦島15

軍艦島16
複数の廃墟と、緑、そして青空。美しい...。

軍艦島17
このあたりは炭鉱関連施設の廃墟だ。

軍艦島18
赤い煉瓦は島の中核であった総合事務所の跡。印象的な造りはヨーロッパあたりの遺跡のよう。
ここには鉱員のための共同浴場があった。浴場はいつも真っ黒だったそうだ。

軍艦島19
こちらは当時の三菱事務所、会議室跡。
階段は今にも崩れてしまいそう。

軍艦島20
黒っぽい建物が1916年(大正5年)に建設された日本初の鉄筋コンクリート造アパートである30号棟。
「ロ」の字型をしていて、中央が光を取り込む為に正方形の吹き抜けになっている。波や風のはげしく当たる場所に立つ為に考えられた構造だ。

高層アパートの中には売店や保育園、警察派出所、郵便局、パチンコ屋などが地下や屋上に設けられたものがいくつかあった。また、各棟をつなぐ複雑な廊下は通路としても使われ「雨でも傘を差さずに島内を歩ける」と言われたという。

いやはや、この廃墟美は筆舌に尽くし難い。
いつかは島の全部が見れるようになってくれればと切に願う。
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR