日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

群馬安中めがね橋 「碓氷第三橋梁」

群馬県

群馬県安中市松井田町にある、一般には「めがね橋」という名称で知られている鉄道橋「碓氷第三橋梁」。

安中めがね橋01
道路の向こうに見えた途端、圧倒的な存在感の橋梁。

安中めがね橋02
古びた煉瓦造りの4連アーチ橋。明治時代の威厳のようなものを感じる。
1893年竣工。国鉄信越本線横川駅 ~ 軽井沢駅間の橋梁の一つで、同区間がアプト式鉄道時代に使われた。

安中めがね橋03
その後、信越本線の電化を経て1963年に新線が建設され、アプト式鉄道が廃止されるまで使用された。全長91m、川底からの高さ31m、使用された煉瓦は約200万個に及ぶ。現存する煉瓦造りの橋の中では国内最大規模。
1993年に「碓氷峠鉄道施設」として、他の4つの橋梁等とともに日本で初めて重要文化財に指定された。

安中めがね橋04
アーチの下に“落書きやめて! 文化財が泣いています”と書かれた看板。
こんな立派な文化財にまさか...?

安中めがね橋05
しかし、そのまさかである。夥しい数の落書きがレンガの橋脚に彫り込まているのだ。
この神経が俺にはよう分からん。
世界遺産への登録を目指し現在暫定リスト入りをしているが、関係者は対応に苦慮しているようだ。

安中めがね橋06
さて現在では、横川駅からこの橋までの旧線跡が遊歩道「アプトの道」になり、橋上の手すりや国道18号へ通じる階段などが整備されている。

安中めがね橋07
橋の上からは、見渡す限り山の木々。
景色より、橋の上から見渡すことが感慨深い。

安中めがね橋08
トンネル内も歩行可能。

安中めがね橋09

安中めがね橋10
かつて鉄道が通っていたトンネルは、やわらかな光が灯され神秘的な風景を生み出している。

ここのトンネルは、最近JR東日本のポスター・CMで吉永小百合が歩いている(この写真がまたキレイ!)。
これによって観光客も大幅に増えたようだが、落書きやいたずらも増えちゃなぁ。
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR