日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

近代工場発祥の地 「富岡製糸場」

群馬県

群馬県富岡市にあった日本初の機械製糸工場である「富岡製糸場」。

富岡製糸場01
明治5年に操業を開始し、昭和62年まで約115年間操業を続けた。
現在は国の史跡に指定され、明治8年以前の建造物は国の重要文化財に指定されている。

富岡製糸場02
敷地は外観を中心に見学可能。奥に見える大きな建物は製糸場の中心的建物「東繭倉庫」。1階に事務所・作業所、2階は乾燥させた繭を貯蔵していた。長さ104.4m。

富岡製糸場03
建物は木材の骨組みの壁に煉瓦を積み入れて造る「木骨 煉瓦造」という構造。

富岡製糸場04
煉瓦は日本の瓦職人が作ったもの。

富岡製糸場05
煉瓦という西洋の新しい材料を取り入れながら屋根は伝統的な日本瓦で葺くという、日本と西洋の建築技術を見事に融合して建てられている。

富岡製糸場06
生糸や機械の検査を担当したフランス人技術者の住居として建設された「検査人館」。
現在は改修され事務所になっている。

富岡製糸場07
この「女工館」は、日本人工女に器械による糸取りの技術を教えるフランス人教師の住居。

富岡製糸場08
そしてこちら、「繰糸場」。繭から生糸をとる作業が行われていた。

富岡製糸場09
建物は内部に柱の無い広い空間をとるため、従来日本にない「トラス建築」という工法が用いられている。

富岡製糸場10
昭和40年代以降に設置された自動繰糸機が残されている。

現在、富岡製糸場とそれに関連する絹業文化遺産を、世界遺産に登録する取り組みが進められている。登録されるかどうかは分からないが、世界的な歴史遺産である事は間違いない。
見学は外観中心で、思ったより見られる範囲が少ないので、食堂や寮等もう少し建物内部や往時の雰囲気を感じられるポイントがあればいいんじゃないかな~という感想である。
スポンサーサイト

Comments

世界遺産になる前に一度行きたいと思っているのですが。。。
おはようございます。
一度は行きたいと思っているのですが、あまりに整備されすぎてるってことでしょうかね。
温かくなったら今年は行ってみたいです。
Re: 世界遺産になる前に一度行きたいと思っているのですが。。。
おはようございます。
建物の内部など、見学できるエリアが思ったより限られていました。
丁寧なガイドがあり勉強にはなりましたが、もっと往時の雰囲気を感じたいというのが感想ですね。
とはいえ立派な遺産ですので、是非行ってみてください★







« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR