FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

活躍中の屋上遊園地 「丸広百貨店わんぱくランド」

埼玉県
蔵の街・川越は、江戸情緒を感じることが出来るが、川越には昭和の風情もそこかしこに散らばっている。
今回もそんなスポットを紹介。

丸広わんぱくランド1
西武新宿線の本川越駅から徒歩5分ほどにある「丸広百貨店川越店」は、同百貨店の事実上の本店。
1957年(昭和32年)に開店した川越市唯一の百貨店である。

そんな丸広百貨店の川越店は、百貨店の勢いが弱まった現在でも昔のままのような賑わいがある。
我々が着目したのは屋上遊園地「わんぱくランド」だ。
丸広わんぱくランド2
今では数少なくなった屋上遊園地だが、こちら「わんぱくランド」はどっこい営業中。

丸広わんぱくランド3
日本で二番目に小さいという観覧車「わんぱくホイール」。ちなみに一番は「東急プラザ 蒲田」の屋上観覧車。
こちらは1周りする間にカゴ自体も横に360度回転することで体を動かすことなく景色を楽しめるという工夫がされている。

丸広わんぱくランド4
屋上遊園としては本格的な飛行機型アトラクション「わんぱくエアプレーン」。

丸広わんぱくランド5
テントウムシ型モノレールは、「わんぱくランド」をほぼ一周している。

丸広わんぱくランド6
モノレールの先頭に描かれたテントウムシの顔は、「浦安の人気者にそっくり」とテレビで紹介された事もあった。

丸広わんぱくランド7
建物自体も昭和を感じさせる造り。
屋上へ向かう途中の店内も賑わっていて、川越市街地の核店舗的存在というのも肯ける。
スポンサーサイト
Newer Entry東京都の霞ケ関駅ではありません 「霞ヶ関駅周辺」 Older Entry悠久なる五千頭の竜の巣 「聖天宮 Ⅲ」

Comments

何度見ても
癒されますね~丸広百貨店の屋上には、、、
何かに乗ったような記憶があります。
まるひろという平仮名のロゴも可愛い。
大森のダイシン百貨店がドン・キホーテになり、
地方百貨店はなかなかかじ取り難しい時代でしょうけど
まるひろさん、頑張ってほしいですね。
いつも貴重な情報ありがとうございます。
またお邪魔します、kshun10さん。
Re: 何度見ても
kozoh55さん、こんにちは。
屋上遊園。この響きはいいですね。
子供時代は、大人の買い物を待つのなんか、屋上遊園さえあれば余裕でしたから。
夢がありますよね。時折カツアゲなんかもありましたが。
今は子供たちどうして待ってるんでしょうかね。


 

 

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR