FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

グッと抑えた辰野式建築 「福岡市赤煉瓦文化館」

福岡県
昭和通り、西中島橋のたもとに位置する辰野金吾作品。

福岡市赤煉瓦文化館01
東京駅舎などで知られる辰野センセイの作品は、福岡に幾つも残っている。
1909年(明治42年)に旧日本生命保険株式会社九州支店として竣工。

福岡市赤煉瓦文化館02
外観は赤レンガの外壁と、お馴染みの白い花崗岩の帯の“辰野式建築”。
ドームに銅板葺きの屋根など、辰野が留学した19世紀末の英国で流行したクイーンアン様式の影響といわれている。

福岡市赤煉瓦文化館03
辰野金吾作品としては小ぢんまりした建物だが、装飾は映えてますな。
早速内部へ。

福岡市赤煉瓦文化館04
かつての生命保険会社の頃の名残を感じる窓口。
現在は総合図書館を母体とする「福岡市文学館」が開設さて、窓口もそのまま再利用しているようだ。

福岡市赤煉瓦文化館05
こちらは暖炉。
建物自体のデザインと統一性があり、非常にオシャレ。

福岡市赤煉瓦文化館06
内部は照明器具など装飾にアールヌーボー調。
注目はこの階段。こちらも装飾等にアールヌーボーの影響が見られるが、生命保険会社の社屋だけに、華美さは抑えられている。

福岡市赤煉瓦文化館07
鉄製階段と、写真ではちょっと分かりにくいがリベット(ねじ)むき出しのデザイン。
華やかさをグッと抑えたデザインが、逆に新鮮だ。

福岡市赤煉瓦文化館08
ドームの塔屋へ上る螺旋階段。
残念ながら見学は出来ない。

福岡市赤煉瓦文化館09
2階のこれらの部屋は、申し込めば普通に会議室として利用できる。

福岡市赤煉瓦文化館10
凝縮された辰野式建築の外観と、グッと抑えた社屋向き装飾。
懐深い巨匠建築家の、新たなカッコよさを感じた。
スポンサーサイト
Newer Entry妖しいゲートの向こう側 「飲食朋友会 前編」 Older Entry天神昭和の銀行建築 「日本銀行福岡支店」

Comments

ほんとうに美しい
いつもありがとうございます、kshun10さん。
見たことがない煉瓦の意匠、惚れ惚れしますね。
あの螺旋階段は、横浜のJACK(辰野さんの弟子の建築)でも同じように上の塔に繋がっていて、やはり普段は上がれなかったので、辰野金吾さんの弟子たちはこの辺りにも影響を受けているんですね。
見にいきたくなりました、私も。
またお邪魔したします。
Re: ほんとうに美しい
辰野金吾の建築には、らしさもあり、堅牢で機能的。
毎回やっぱりいいなぁと感心させられます。

福岡は門司港もありますから、まだまだ終われません。


 

 

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR