日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

翳りゆく花街跡 「所沢・浦町 前編」

埼玉県

元々宿場町として発達してきた所沢。かつて所沢の町は織物業とともに発展し、明治時代には織物業生産額が全国トップとなるほどだった。
蔵造りの商家が残っているのは以前「所沢駅周辺」でも紹介したが、現在の所沢市有楽町のあたりは浦町と呼ばれ、織物商人を当て込んだ遊廓が何軒も軒を連ねる花街が存在した。
今回は、そんな「所沢・浦町」の名残りを探して歩いてみる。

所沢浦町01
街道沿いは高層マンションだらけ。のっけから著しい再開発具合に辟易ぎみ。
浦町のエリアは大丈夫だろうか。

所沢浦町02
海老屋横丁という道から浦町エリアへ。
この通りには左側にバラック建て、右側は真新しいマンション。

所沢浦町03
振り返るとバラック建ての向こうに、そびえ立つ高層マンション。
この対比が凄まじい光景を生んでいる。

三好亭01
小さな橋の向こう、風情ある建物が見える。

三好亭02
こちら妓楼跡の「三好亭」。往時の雰囲気を垣間見れる建物だ。

三好亭04
勝手口には、右から左にシブい筆書きの“三好亭”の屋号が確認出来る。

三好亭03
情緒あふれるこのヴィジュアルの大きなポイントが、この矢羽根の戸袋。
状態もよく、矢羽根モチーフの中でも珍しいデザイン。

三好亭05

三好亭07
他にも随所に装飾が施されていて、ポイント高い妓楼跡である。

三好亭08
横から見た「三好亭」。川のほとりってのがまた風情あるよな~。

どうやら現存する妓楼跡は、この「三好亭」のみのよう。しかし妓楼跡が無くても、往時の風情を感じるポイントはまだあるはず。
続き→
スポンサーサイト

Comments







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR