FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

愛と悲しみの鎮魂聖堂 「日本二十六聖人記念館」

長崎県
前回の「長崎駅周辺」で発見した、ガウディ風の謎の双塔。

日本二十六聖人記念館1
結論から言うと、日本二十六聖人の顕彰を目的としてカトリック教会によって設立された「日本二十六聖人記念館」の物。記念館は日本二十六聖人の列聖100周年にあたる1962年に開館した。
日本二十六聖人とは、豊臣秀吉の命令によって長崎で磔の刑に処された26人のカトリック信者。

日本二十六聖人記念館2
こちらの塔があるのは一体の施設である「日本二十六聖人記念聖堂」。
設計は記念館も含め、アントニ・ガウディの研究者でもあった今井兼次。
こちらの建物もガウディのスタイルを意識的に取り入れたそうで、ガウディ風というのもやはり間違いではなかった。

日本二十六聖人記念館3
天使の羽をかたどった紡錘型の2つの塔が特徴的。

日本二十六聖人記念館4
こちらが「日本二十六聖人記念館」。

日本二十六聖人記念館5
記念館の壁面にはモザイク画がある。

日本二十六聖人記念館6
こちらは日本二十六聖人殉教跡。

日本二十六聖人記念館7
記念館に隣接する西坂公園内に建立されている、記念碑「昇天のいのり」。
殉教した日本二十六聖人を可視化したというか、訪れた人も実感がわきやすくなる碑である。

日本二十六聖人記念館8
花崗岩製高さ5.5メートル、幅17メートルの台座に、二十六聖人を模したブロンズ像が十字型にはめ込まれている。

日本二十六聖人記念館9
26人の中に一際小さい人がいる。処刑された一行の中には12歳と13歳の少年がいたのだ。
一行は、キリストが処刑されたゴルゴタの丘に似ているという理由から、西坂の丘を処刑の場として望み、群衆が見守る中、槍で両脇を刺し貫かれて絶命したのである。

彼らの遺骸は多くの人々の手で分けられ、日本で最初の殉教者の遺骸として世界各地に送られて崇敬を受けた。
今回初めて訪れたが、何とも厳粛な気分にさせられる。
スポンサーサイト
Newer Entry高台に銀色の観音様 「福済寺」 Older Entry市の中心のスクランブルブル 「長崎駅周辺」

Comments



 

 

« »

12 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR