FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

レトロ建築探訪・熱海編

静岡県
温泉街としての黄金時代を経て、赤線エリアの名残を残し。
熱海のレトロ建築は、味わい深さと哀愁を纏った独特の魅力がある。

熱海レトロ建築01
まずこの創業昭和13年頃という老舗旅館「竜宮閣」。
何とも昭和の温泉街のイメージにピッタリな和風旅館である。

熱海レトロ建築02
続いて「田中堂」と書かれた看板建築を発見。同じフォントで「東海利器更正所(ちょっと読みにくいがおそらく)」ともある。渋いなぁ~
どうやら現役店舗ではなさそうだ。

熱海レトロ建築03
1918年(大正7年)開業という和菓子店「熱海 本家ときわぎ」。
宮造の店舗が目を引く。

熱海レトロ建築04
その向かいには「常盤木羊羹店總本店」。
こちらも大正時代の創業で、4代目店主がホストまがいのイケメンとして話題だそうです。

熱海レトロ建築05
そして熱海といえば赤線跡(以前も「熱海赤線跡」として記事にしている)。
カフェー建築の雰囲気を色濃く残す味わい深い建物。
現在は「スナック亜」という店として使われているが、角にRが付けられ波線状の縁取りも見られる。

熱海レトロ建築06
こちらの建物もイイ。角にRが付けられ2階から上はピンク色の壁面。
ダイナミックな鷹のレリーフも素晴らしい。

熱海レトロ建築07
「熱海第一交通 中央営業所」。
塔状の部分、2階部分の装飾が目を引く独特の建物。

熱海レトロ建築08
奥には瓦屋根が見え、ファサード(通り側)は洋風・本体は和風という、看板建築によく見られる様式だ。

熱海レトロ建築09
また看板建築を発見。
生花店の看板建築は萌えるよな~。

熱海レトロ建築10
伊豆の首都・熱海の黄金時代の香りに誘われて、
華やかだった温泉街の哀愁を感じて歩くのもオススメ。
スポンサーサイト
Newer Entryどんより曇る宿場町の端 「八丁畷駅周辺」 Older Entryレトロ建築探訪・所沢編

Comments


突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

いや~思い出しました、この生花店さん、
そして、東海利器さん、
美しい看板建築に出逢えるのは嬉しい限りですね。
同じ場所を見て感動する、
嬉しくなりました。
貴重な記事をありがとうございます、
またお邪魔します、kshun10さん。
Re: タイトルなし
kozoh55さん、こんにちは。
熱海は面白いですね。まだまだ見切れていないようです。
伊豆半島はワンダーランドですね。


 

 

« »

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR