FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

甘い香りの風に誘われ 「新世界乾杯通り 前編」

山梨県
新世界乾杯通り01
月江寺駅から魅力的な商店街・飲み屋街を抜けると、気になる路地への入口が目に入る。

新世界乾杯通り02
「新世界乾杯通り」と書かれた看板。
かつては「新世界通り」という名で賑わっていたが、徐々に衰退し近年まで飲み屋街として終末化していたが、2016年より名を新たに復活プロジェクトがスタートしたという。

我々のように、こういった雰囲気ある街並みに魅力を感じる人はたくさんいるんだな。
今回は復活プロジェクトの紹介というより、人々を惹きつける当地のディープな魅力を存分に紹介したい。

新世界乾杯通り03
入口をくぐると、正に路地裏という言葉がしっくりくる荒れた通り。

新世界乾杯通り04
そこへ現れたのは、戦前の遊郭建築を思わせる凄い建物。

新世界乾杯通り05
二階部分には、かつての屋号だろうか。何か書かれているが読めない。
右側は食堂と書いてあるようだが。

新世界乾杯通り06
入口には唐破風。
ダダモンじゃないぞ、これは。

新世界乾杯通り07
表側に回ると、何と!前回紹介した「子の神通り」の「金寿司」じゃないか。
奥がこんな風になっていたのか。

新世界乾杯通り08
そしていよいよ「新世界乾杯通り」の飲み屋街が始まる。
「愛人」の看板には琴線に触れる哀愁が漂う。

新世界乾杯通り09
そしてここから通りは一層細くなり、濃密な雰囲気が漂う。

新世界乾杯通り10
東京の「玉の井」を思い起こさせる。
あっこは広範囲にわたり赤線跡が残っていたが、今や風前の灯になってしまった。

続き→
スポンサーサイト
Newer Entry 甘い香りの風に誘われ 「新世界乾杯通り 後編」 Older Entry提灯浮かぶ拠り所 「子の神通り」

Comments

凄いですね~すてきですね~
出逢えるのですね、こういった風景、建物、
もはや迷宮、ラビリンスの世界ですね。
あってはならないと言ってもいい
愛人、遊郭建築、窓の無い、ドア、
中はどうなっているのでしょうか、
タイル張りの壁、
楽しい、楽しいですね、わくわくしてきます。
いつもありがとうございます、kshun10さん、
またお邪魔します
Re: 凄いですね~すてきですね~
kozoh55さん、こんにちは。
ここは凄いですよ~興奮しました。
kozoh55さんも絶対好きですよ。
この哀愁がいいですね。


 

 

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR