FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

クラス感漂う名門リゾートホテル 「川奈ホテル 前編」

静岡県
さて、久しぶりにクラシックホテルシリーズ。
今回は、静岡県伊東市川奈にあるリゾートホテル「川奈ホテル」。

川奈ホテル01
大倉財閥の別荘として建設され、まずゴルフ場が開業、1936年(昭和11年)にホテルが完成した。
広大な敷地を有し、本格ゴルフコースを併設する稀有なクラシックホテル。

川奈ホテル02
設計は大正・昭和期に活躍した建築家・高橋貞太郎。「前田侯爵邸」など豪華な邸宅建築のほか、「学士会館」や「上高地ホテル」などでも知られる。
外観は白い壁面にスペイン瓦を使って、南国調の雰囲気。

川奈ホテル03
車寄せの柱にはスクラッチタイルに、貴族調のランプ。

川奈ホテル04
こちらが当ホテルのロゴマーク。
名門ゴルフコースを所有するだけあって、ゴルフクラブがデザインされている。

川奈ホテル05
シンプルな中に風格漂う玄関。

川奈ホテル06
リゾート風な外観に対し、内装はシックな邸宅風。
少し暗いが、これも演出である。

川奈ホテル07
暖炉のあるメインロビーは高級な素材を惜しげもなく使い、貴族の邸宅の応接間のような佇まい。
内観のモダンの粋を集めたような空間だ。

川奈ホテル08
創業当時から使われている大きな暖炉。
大理石のマントルピースの上には川奈ホテルのエンブレム。

川奈ホテル09
暖炉は今も現役。
大理石は国会議事堂を手がけた職人によるものだそう。

川奈ホテル10
ここに流れているのは、優雅な昭和の時間。
贅を尽くした空間は、時を経ても色褪せていない。
続き→
スポンサーサイト
Newer Entryクラス感漂う名門リゾートホテル 「川奈ホテル 後編」 Older Entryシャレ者どもが夢の跡 「岐阜繊維問屋街 Ⅲ」

Comments



 

 

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR