FC2ブログ
 

日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

シャレ者どもが夢の跡 「岐阜繊維問屋街 Ⅰ」

岐阜県
前回の「岐阜駅周辺」の北口編で紹介したが、繊維街は街にまだまだ残っている。
今回は、東海地方のディープタウン「岐阜繊維問屋街」の冒険。

岐阜繊維問屋街01
かつては広大な敷地を誇ったという問屋街。今でも街のあちこちで繊維問屋が見られるが、中でも固まって残っている一角がある。

岐阜繊維問屋街02
岐阜駅方面から、気になる入口が口を開けている。

岐阜繊維問屋街03
大きく“中問屋町”と書かれた、アーケード付きの入り口。

岐阜繊維問屋街04
こちらが岐阜「繊維問屋街」。
戦争で焼け野原となった国鉄岐阜駅前(現・JR岐阜駅)に、北満州からの引き揚げた人々が中心となってバラック小屋を作り、古着や軍服などの衣料を集めて売り始めたそうで。
やがて一帯はハルピン街と呼ばれるようになり、岐阜問屋街の始まりとなった。

岐阜繊維問屋街05

岐阜繊維問屋街06
現役の店舗もたくさんあるのだが、やはりシャッターが目立つ。

岐阜繊維問屋街07
岐阜のターミナル駅の駅前にも関わらず、大規模に闇市的な街並みが残っているとは驚きだ。

岐阜繊維問屋街08
しかし、このエリアは“都市再生緊急整備地域”に指定され現在再開発が進んでいる。
こんな濃密な雰囲気が味わえなくなるのは寂しいが、それならせめてその姿、しっかり目に焼き付けておこうではないか。

岐阜繊維問屋街09
エリアの入り口あたりの好立地の店舗も、自転車置き場と成り果てていた。

岐阜繊維問屋街10
ファッションタウンの名も、この姿を見ると隔世の感を禁じ得ない。

続き→
スポンサーサイト
Newer Entryシャレ者どもが夢の跡 「岐阜繊維問屋街 Ⅱ」 Older Entry繊維問屋街が支えた街 「岐阜駅周辺 南口側」

Comments



 

 

« »

11 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR