日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

おどろおどろし白昼夢 「まぼろし博覧会 Ⅲ」

静岡県

まぼろし博覧会14
に続き、まぼろし博覧会の冒険。

まぼろし博覧会21
前回記念撮影コーナーで登場した館長・セーラちゃん。前回のはイラストだったが、こちらは写真パネル。
ちなみに実物セーラちゃんも入り口にいて、ある程度会話いたしました。
写真は撮らなかったけど、早い話がこんな格好したファンキーなオッサンなんです。

まぼろし博覧会22
通り抜けるのかと思った古代文明遺跡エリアだが、次に行くには戻らなきゃいけないみたい。
振り返ると、改めて巨大な聖徳太子にビビる。

まぼろし博覧会23
続いては昭和エリアへ。
階段で次ステージへ向かうと、左手から不気味な人の気配が。

まぼろし博覧会24
!!
巨大な女の顔が! 

まぼろし博覧会25
さて、ようやく次のステージ「昭和の時代を通り抜け」。
賑やかに彩られた、こちらものっけから怪しさ全開。

まぼろし博覧会26
このエリアはキッチュでアレンジされた、独特な昭和展示の釣瓶打ち。

まぼろし博覧会27
アパレル用と思しきマネキンの美男美女が、昭和コンセプトのコスプレで楽しませてくれる。

まぼろし博覧会28
ヌード劇場はいいが、何で首が無いんだよ。
珍奇さや禍々しさ、そして猥雑さは、かつての見世物小屋に通ずるものがある。

まぼろし博覧会29
メジャーマイナー問わず、昭和が目に飛び込んでくる。
何故だろう、懐かしむような気分には微塵もなれないのだが。

まぼろし博覧会30
全てを紹介してはいられない。足早に次ステージへ。
そこではさらに怪しい世界が待っている。

続き→
スポンサーサイト

Comments







« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR