日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

日本全国ローカル鉄道 「鶴見線 Ⅲ」

神奈川県 > 横浜市

前回から引き続き、鶴見線の旅。
臨海の工業地帯に限界まで近づいてみる。

鶴見線21
前回の「浜川崎駅」から工場風景を見ながら歩いていたら、いつの間にか次の「昭和駅」に着いてしまった。

鶴見線22
道路を横切るこの路線は、工場への引き込み線や貨車の留置などに使う線路の跡だろう。

鶴見線23
廃線になってしばらく経つようで、踏み切りは取り外され、草木に覆われている。

鶴見線24
何だアレは。ほとんど厚みの無い建物がズラリ並んでいる風変わりな風景。
住居にはならんだろうなぁ。

鶴見線25
またまた何だアレは。
工場版のパルテノン神殿といった感じのカッコいい建物。

鶴見線26
唐突に現れた「身代わり地蔵」。
ずいぶん昔からこの地を見守っている感じ。

鶴見線27
カラフルなクレーンがズラリ。
これだけの規模は工業地帯ならでは。

鶴見線28
先ほどのパルテノンを限界まで間近で。
この先は“関係者以外立ち入り禁止”エリアとなる。

鶴見線29
終着駅の「扇町駅」。
四方を運河に囲まれた「島」に駅がある。

鶴見線30
貨物を輸送するために用いる専用線がたくさんあるが、旅客用のホームは単式ホーム。
片側に列車が発着する線路が1線のみ接する。

鶴見線31
最後にエクスキューズ。
もう一つの終着駅、支線の「海芝浦駅」は時間の都合で割愛。
出入口が東芝の工場と直結していて、海芝浦に着いても、同社関係者でないと駅から出られない風変わりな駅である。
もちろん訪れる予定だったが、予想外に電車が少なく時間が無くなってしまった。これほどとは...(苦笑)

鉄道ファンのみならず、旅好きレトロ好きの心にも響く、近くのローカル線「鶴見線」。
個性はぞろいの駅の、その趣は様々。地味ながら魅力ある路線旅である。
スポンサーサイト

Comments







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR