日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

狭山茶処の夢の国 「西武園ゆうえんち 前編」

埼玉県

さて、今年も日本全国冒険紀行では新たなシリーズ開始
それは全国の遊園地巡り。全国津々浦々の遊園地をめぐり、その栄枯衰退ぶりに触れてみようと思う。
長崎の「ハウステンボス」等、復活を果たした遊園地もあるが、現在でも真の意味で成功を収めていると言えるのはTDLやTDS、USJ等数える程度ではないだろうか。
特にバブル時代に開園した「~村」などは軒並み閉園し、廃墟遊園地として残っているものもある。
遊園地も世につれ。時代を映している冒険スポットなのである。

第一回に選んだのは埼玉県所沢市にある「西武園ゆうえんち」。
個人的にも、幼少期を東村山で過ごしていた事もあり、幾多の思い出がある遊園地である。
西武園ゆうえんち01
開業は1950年。西武鉄道が所有する、東京都民にもお馴染みの遊園地である。
1985年には、東京ディズニーランドへの対抗策としてほぼ全面的なリニューアルが行われている。

西武園ゆうえんち02
こちらは中央口ゲート。「西武遊園地駅」が最寄なのだが、現在こちらは封鎖中。
入り口へは電車を乗り換え、隣りの「遊園地西駅」まで行く必要がある。

西武園ゆうえんち03
それにしてもゲートが随分古くなっている。
このゲートが出来たばっかりの時も見ている身としては、余計に時の流れを感じる。

西武園ゆうえんち04
そしてこちらが西入口。入ると目の前はゲームコーナーのあるアーケード大通り。

西武園ゆうえんち05
ここには大通りが完成した当時からあると思しき遊具が沢山。

西武園ゆうえんち06
このロボには見覚えがあるぞ。たぶん俺、乗ってるなぁ。
何ともいえないレトロ感がステキ。

西武園ゆうえんち07
80年代丸出しのアイドルアニメ的な絵が書かれたゲーム。

西武園ゆうえんち08
こちらはアトラクションとしてはオーソドックスながら、中央のリアル路線な蛸キャラがインパクトのある「オクトパス」。
全面リニューアルの1985年に登場。

西武園ゆうえんち09
運行終了の情報もあったが、ゆうえんちHPによると“休止中”とある。
こちらは2008年、油圧ホースからオイル180リットルが漏れ出し大谷川と柳瀬川に流出するという事故が起きている。
この遊園地の代表的なアトラクションで、蛸デザインが個人的にも好きなので、復活を期待したい。

西武園ゆうえんち10
ここを代表するアトラクション?といえば、地味ながらこのパンダちゃんも。
当遊園地の中吊り広告でも登場したパンダの乗り物は、随分と年をとっていた。

続き→
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR