日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

鉄道に思いを馳せて。いざ鉄博! 「鉄道博物館 Ⅱ」

埼玉県

に続き、「鉄道博物館」。
Ⅱでは客車を中心に紹介していく。

鉄道博物館11
こちらは「マイテ39形式」。
東京から下関の特急「富士」に使うため製造された、戦前の鉄道黄金時代の客車。

鉄道博物館12
外国人観光客を誘致するため、内装に桃山調の豪華な装飾が施されている。

鉄道博物館13
個人的に客車で感銘を受けたのがこちら「開拓使号客車」。
1880年(明治13年)に開業した北海道で最初の鉄道「幌内鉄道」で使われた、高官専用の特別客車である。

鉄道博物館14

鉄道博物館15
アメリカ貴族馬車のような紋様が大変オシャレ。
アメリカのハーラン・アンド・ホリングスワース(Harlan and Hollingsworth)社で製造されたものと聴くと合点がいく。

鉄道博物館16
細かな紋様は窓ガラスまで施されている。
さすがは高官専用。

鉄道博物館17
立ち入り禁止の内部も、これまたオシャレ。
ちなみにこの開拓使号客車は、1961年(昭和36年)に鉄道記念物に指定された。
指定された当時は、表面は暗灰色に変色し、描かれた紋様も定かでないという状態だったという。1966年(昭和41年)、愛知県の「明治村」に貸与される5号・6号御料車に続いて復元工事が施行されたそうだ。

鉄道博物館18
今までの客車に比べると、「何これ、しょぼ~」という声が聞こえて来そうなこちら。
「人車」といって、明治の終わりごろから大正にかけて使われた、人の力で押して走った鉄道である。
こちらは宮城県で実際に使われていたもので、鉄道黎明期の貴重な遺産である。

鉄道博物館19
山手線や中央線など、東京地区で活躍した初期の通勤電車「ナデ6110形式電車」。
国産最古のボギー台車式大型電車で、漆塗り木製車体という日本独特のものである。

鉄道博物館20
座席をロングシートにすることで定員92人まで確保。現行の都内通勤電車スタイルが既に完成しつつある。
それにしても、なんてロマンチックなんだ...。薄暗い空間に温かな照明、そして木製の部屋。
片手にバーボンでもあれば、我々が大好物のレトロモダンバーではないか。

さて次回からはお待ちかね。昭和30年代から、戦後の鉄道黄金期である昭和50年代に入っていく。
Ⅲへ→
スポンサーサイト

Comments

いや~
感動です、幌内鉄道。私が以前ブログで紹介したあの幌内じゃないですか~。そうなんです。北海道で最初の炭鉱だった幌内には最初の鉄道が走っていたのは、言葉では知っていましたが、こうして車両が残されているとは、ビックリです。
世界はつながっているのですね。あの幌内炭鉱に線路が走り、つながっている。三笠にある鉄道資料館にもリンクしてくるのでしょう、ああ、あそこで聞こえてきたSLの汽笛を思い出しましたよ~。
ありがとうございますkshun10さん、またお邪魔します。
Re: いや~
kozoh55さんは北海道も炭鉱跡など色々行かれてますからね。
幌内鉄道、気になる存在です。
この客車も素晴らしいですし、北海道の開拓って言葉だけでロマンがありますよね。







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR