日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

命を奪うおとろし岩 「殺生石 後編」

栃木県

前回に引き続き、「殺生石」へ向かう。

殺生石09
遊歩道を歩いていると見えるのだが、石が積み重ねられているのが至る所で確認出来る。

殺生石10
何かの信仰なのか、また誰の仕業なのか、よく分からないが先へ進む。

殺生石11
「湯の花採取」とある。こちらの湯の花は温泉噴気を活用し特殊な製法で昇華させたものだそう。昭和18年以降は湯の花の採取は行われなくなった。

殺生石12
おぉ、なんか珊瑚みたいで綺麗なもんだね。
こちらは、かつてあった湯畑を再現したもの。

殺生石13
見えてきた。あれが恐ろしの岩...。

殺生石14
史跡、「殺生石」である。
昔の人は、この場所で人や動物が死亡する原因を、石に宿る精霊の仕業と考えた。そして石を特定し「殺生石」と名付けたわけだ。

殺生石15
ガスの排出量が多い日は立ち入りが規制されたり、未だに迷いこんだであろう動物が苦しそうな表情で死んでいたりと、恐ろしい場所である事に変わりはない。

殺生石16
「殺生石」の周りには、当然ながら草木は一切生えていない。
元禄2年にこの地を訪れた俳人・松尾芭蕉は、「殺生石は温泉の出づゆ山陰にあり。石の毒気いまだ滅びず、蜂、蝶のたぐひ真砂の色の見えぬほど重なり死す。」と記している。
当時は相当な火山性ガスが発生していたと想像出来る。

殺生石17
振り返ると、山間から那須高原がまるで海のように見えていた。
スポンサーサイト

Comments







« »

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR