日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

蠱惑的なザ・ジャパンホテル 「富士屋ホテル 参」

神奈川県

前回に引き続き、「富士屋ホテル」の内観。
今回は宿泊エリアも含め、豪華な富士屋ホテルの世界をお届け。

富士屋ホテル21
美しいホテルは、階段も美しい。
本館の階段は、中央に取り付けられた欄干に注目。

富士屋ホテル22
一本の木を少しずつ湾曲させて作る、曲げ木技法をとっている。
湿度で変化する天然木をずれないように組み合わせる、高度な技術。

富士屋ホテル23
通路は実にクラシックホテルらしい佇まい。

富士屋ホテル24
デザインの可愛らしい照明を発見。
カラフルで美しい光を放っている。

富士屋ホテル25
ホテル内にあるチャペルの入り口にはステンドグラス。
上には富士屋ホテルが描かれ、見事に和洋折衷している。

富士屋ホテル26
こちらはチャペル内部。

富士屋ホテル27
そうそう、これも紹介しておかないと。
正面玄関からサンパーラーへ上る階段には、赤い欄干と、迫力ある龍の彫刻が施されている。

富士屋ホテル28
その近くには、愛嬌たっぷりに手招きする猿がひっそりと座っている。

富士屋ホテル29
しかし油断するなかれ。
下から猿を狙う蛇が忍び寄っているのだ。「志村~!下!下~!」
これは猿と蛇にまつわる伝説に基づくものとも言われている。

富士屋ホテル30
いかがでしたでしょうか。
まだまだ紹介したいところだけど、キリがないのでこの辺で。
この他は、是非実際に訪れて見て頂きたい。

古くは外国人客が占める割合が高く、外国人専用であった時期も長かったそう。
外国人を対象とした本格的なリゾートホテルは、日本文化を伝える展示や工夫がされている。
今となっては日本人が忘れかけたようなこんな魅力を再認識するためにも、是非日本人が訪れるべきホテルである。
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR