日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ノアの箱舟・全国版 「明治村 Ⅴ」

愛知県

前回に続き、今回の明治村は、はやる気持ちを抑えきれず我々のメインディッシュ「帝国ホテル中央玄関」がある5丁目へ。
でも帝国ホテルより前にまだまだ見どころありました。

明治村41
池と建物が集まるエリアの入り口のような場所にある「金沢監獄正門」。
1907年(明治40年)石川県金沢市に建てられた金沢監獄の正門。

明治村42
レンガ造に石の帯状装飾を入れる当時流行の洋風建築。
左右に二階建の看視塔を建て、窓も小さくして鉄格子を入れている。監獄らしい閉鎖的で厳めしいが、美しさも感じさせる立派な門である。

明治村43
ジェイル系の建物が続き、こちらは「前橋監獄雑居房」。
太く堅い栗材を密に並べ鳥籠状に囲ってある。

明治村44
房廻りの構造は江戸時代以来の日本の牢屋の形式をそのまま伝えている。

明治村45
とかく不衛生になりがちな監獄だが、こちらは風通しが大変良く、その面での心配は少ない。
ただ、想像するに冬は寒いし夏は暑くて蚊とか蠅とか大変そう。ま、監獄だからね。

明治村46
これも凄い。「金沢監獄中央看守所・監房」。

明治村47
かつては八角形の中央看守所を中心に、舎房が放射状に第一~第五舎房と名付けられ配されていた。
看守所上部にあるのは見張り櫓。

明治村48
現在は第五舎房の一部だけが遺されているだけだが、当時の洋式監獄の形を十分にうかがうことができる。

ジェイル系の建物は移築された物なので、さすがに“怨念”とか“瘴気”みたいなものは感じない。
良くも悪くも博物館の展示物となっているので、建築物としての見どころに注目すべし。

明治村49
こちら「川崎銀行本店」は、かつて東京都中央区日本橋にあった建物の一部。
竣工は1927年(昭和2年)。ルネッサンス様式を基調としており、当時の銀行・会社の本店建築の中でも本格的銀行建築。

明治村50
日本橋のシンボルとして永く人々に親しまれてきたが、昭和61年ビル立て替えのため惜しくも取り壊され、正面左側角の外壁部分がこちらに移築保存されている。
ここでは展望台として上る事もできる。

さて、次回はいよいよメインディッシュ、
「帝国ホテル中央玄関」へ!
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR