日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ノアの箱舟・全国版 「明治村 Ⅳ」

愛知県

に続き、明治村の第4弾。
今回は村の乗り物も登場。

明治村31
こちらは現在明治村50周年記念として特別展示してある「名電1号型」。
明治40年まで名古屋電気鉄道で使用し、その後札幌の市電として親しまれてきた木造の電車。

明治村32
1世紀ぶりに名古屋に里帰りした、唯一現存する貴重な車両。
外観のみならず、内部も公開されている。

明治村33
こういう部分、好きな人はたまらないんだろうな。

明治村34
3丁目は長くなりそうなので数軒割愛し、こちら重要文化財の「品川燈台」を紹介。
品川沖の第ニ台場の西端に建てられ、1870年(明治3年)に点燈された燈台。

明治村35
現存最古の洋式燈台として貴重な遺構。
フランス人技師らによる設計で、避雷針先端までの高さは約9mある。

明治村36
明治村の中には、様々な乗り物に実際乗って移動できたりする。
「京都市電」もその中の一つ。

明治村37
日本国内では1895年(明治28年)に開業した京都市電が最初。
明治村の車両は明治43年から44年にかけて製造された大型の車両。

明治村38
運転手、車掌も明治っぽいレトロな制服姿で、とても雰囲気に合っている。
ガタンゴトンが心地よく響く電車で、のんびりと移動。急いだってしゃーないわな。

明治村39
見えてきたのは、トルコのモスクを思わせるような変わった形状の建物。
こちら三重県伊勢市の「伊勢神宮」外宮前にあった「宇治山田郵便局舎」も、重要文化財に登録されている。
木造平家建銅板葺で、中央には円錐ドームの屋根、正面の左右には小ドームの載る角塔。非常に面白い造りだ。

明治村40
内部は円形の「公衆溜」と呼ばれたホールがあり、その周囲にはカウンターが廻らされている。
こちらでは実際に郵便・貯金業務を行なっている。実際ここからハガキを出せちゃったりするんだからステキ。

まだまだ続きますよ~明治村!
続き→
スポンサーサイト

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR