日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ノアの箱舟・全国版 「明治村 Ⅲ」

愛知県

さて、に続いて明治村の特集。
これまで紹介したのは、まだ村の1丁目。この明治村がどれだけ広いかを実感する。

明治村21
今回最初に紹介するこちらは「三重県庁舎」。重要文化財。
間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称になっている。

明治村22
礎石、円柱の構成は古代ギリシャ・ローマの神殿に由来するもので、シンプルで県庁舎らしい威厳がある。

明治村23
大きな「三重県庁舎」に目が行きがちだが、個人的にオススメなのがこちら。
東京都品川区大井町にあった1889年(明治22年)築の「鉄道局新橋工場」。

明治村24
中には「昭憲皇太后御料車」と「明治天皇御料車」の2車輌が展示されている。

明治村25
エレガントでファンタスティックなこの車輌は残念ながら内部に入れないが、窓から豪華な内装を覗く事ができる。

明治村26
この工場の鋳鉄柱は明治22年製。
イギリスから輸入された柱を模して、鉄道局で作られた柱である。

明治村27
さてここからようやく2丁目。
2丁目の中央を走る目抜き通り「レンガ通り」を囲うように、学校や銀行などが並んでいる。

明治村28
その中から、2軒をピックアップ。
こちら「札幌電話交換局」は、1898年(明治31年)竣工。
特徴的な2階窓下の胴蛇腹。大きな円形の花紋が連続して刻まれ印象的。

明治村29
「東松家住宅」は名古屋の中心部堀川沿いにあった商家。
創建以来、再三の増改築を経ていて、間口が狭く奥行の深い典型的な町屋でありながら、レアな3階建の木造住宅。

明治村30
内部は1階左側に裏まで抜ける通り土間を通し、通り土間の上を3階までの吹き抜けにしている凄い構造である。

ちなみに「札幌電話交換局」と「東松家住宅」は国の重要文化財。
いやはや凄い野外博物館。まだまだ続いちゃいます。
スポンサーサイト

Comments


石造りならではの迫力ある建物ですね~
山形県の高畠で見た旧駅舎もこんな感じでよかったですよ。
昔の商家はみんなこんな感じで奥行きがありましたね~
奥は建て増し建て増しですから。
この建物は室内の意匠に手がこんでいそうで、
姿にほれぼれしてしまうんでしょう。
こんにちはkshun10さん、またお邪魔します。
Re: タイトルなし
kozoh55さん、こんにちは。
山形県の高畠ですか~面白そうですね。
東北は冒険では一度も行ったこと無くて。
北海道ではなく東北、というのも面白いですね、きっと。







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR