日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

浪漫漂うクラシックホテル 「旧三笠ホテル Ⅲ」

長野県

に続き、「旧三笠ホテル」。今回は2階へ。

三笠ホテル21
2階に上ると、まずテラス出口がある。
新築時にはここからポーチ屋上に出られたそうだが、諸事情で今はない。

三笠ホテル22
2階の廊下も小ぢんまりとしながらも美しい。

三笠ホテル23
窓の桟の幾何学模様の向こうに木々の緑が見える。
外からでは想像できなかった美しさ。

三笠ホテル24
モダンなカーテンのあるサンルームに、綺麗なガラスライト。

三笠ホテル25
客室には古い軽井沢彫のインテリアが展示されている。

三笠ホテル26
こちら2階の奥のほうにある1号室。

三笠ホテル27
何故か他の部屋に比べ一際暗く感じるが、実はこの部屋には幽霊が出るという噂も。
どんよりした空気が漂い、そんな噂が出るのも分かる。

三笠ホテル28
古い鏡が付いていたりして、この鏡に何か映りこんだりとか。
心霊的要素が確かにある。

三笠ホテル29
先ほどとは別のサンルーム。
近くで見ると幾何学模様の窓が見え、また印象が変わる。

三笠ホテル30
客室が少なく、しかも夏しか営業しない贅沢なホテルは当然赤字経営続きで、所有者が何度も変わった。
昭和45年にホテルとしての歴史に幕を閉じ、昭和58年から一般公開している。

明治時代のホテルで、一時期は放置状態だった建物。それだけに時代の流れ、そして重みを感じる。
現役ホテルの「万平ホテル」とは当然ながらかなり違った趣で、こちらの方がより一層感じるものがある。
スポンサーサイト

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR