日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

別荘族の散歩道 「旧軽井沢メインストリート 前編」

長野県

今回紹介の「旧軽井沢メインストリート」は軽井沢にある商店街。
1888年(明治21年)にカナダ人宣教師のアレクサンダー・クロフト・ショーが別荘を開設し、別荘を持つ上流階級の御用達の商店街として発展した。

旧軽井沢メインストリート01
ペンションブームなどが追い風となって、軽井沢には観光客が急増。当商店街も、徐々に観光客を当て込んだ店が増えていった。
冒険要素は低いが、そんな「旧軽井沢メインストリート」の何とも独特な街並を紹介。

旧軽井沢メインストリート02
まず現れた当商店街ならではの店舗は「ミカドコーヒー軽井沢旧道店」。
ミカドコーヒーは東京都港区に本社を置くコーヒー会社だが、ここ軽井沢にて喫茶店を開設している。

旧軽井沢メインストリート03
「万平ホテル」を定宿としていたジョン・レノンとオノ・ヨーコの夫妻は、しばしばこの軽井沢旧道店を訪れていたという。

旧軽井沢メインストリート04
ミツバチキャラがいっぱいの「天狗屋養蜂店 旧軽1号店」。

旧軽井沢メインストリート05
昭和な香り漂うステキなキャラである。

旧軽井沢メインストリート06
普通の古い商店街だと、所謂ババ服の店がありそうなところ、ここではレースの店がある。
これも軽井沢っぽいざますわね。

旧軽井沢メインストリート07
レトロな造りの「軽井沢観光会館」。

旧軽井沢メインストリート08
元の建物は1911年(明治44年)竣工で軽井沢郵便局舎だったが、そちらは移築保存され、現在の建物は平成になって建てられたもの。

旧軽井沢メインストリート09
隣はパンのおいしそうな香り漂う、1933年創業の「ブランジェ浅野屋」。
軽井沢におけるパン屋の代表格だ。

旧軽井沢メインストリート10
レトロ感溢れる看板も好感触。

後編へ→
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR