日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

見事な和洋折衷ホテル 「万平ホテル 前編」

長野県

軽井沢にある老舗ホテル「万平ホテル」。明治時代に始まった、今なお現役のホテルである。

万平ホテル01
現在の本館アルプス館は1936年(昭和11年)に完成したもの。
信州の本棟造りを意識した三角屋根の構造で、ドイツの山岳地方の別荘イメージも融合させたデザイン。

万平ホテル02
江戸時代後期に万平ホテルの前身となる旅籠「亀屋」を開業。当時の亀屋の主人であった佐藤万平が、訪れた外国人に応対する技術や生活習慣を学び、それを反映させる形で1894年(明治27年)にホテルをオープン。ここに万平ホテルの歴史が始まった。

万平ホテル03
入口すぐに絵画ギャラリー。こんなところもレトロ薫ります。

万平ホテル04
ロビーはワインレッドのカーペットが敷かれ、小さめのフロントがある。

万平ホテル05
待合ソファーにはリアルな年季が刻み込まれ、薄暗い照明も相まってシブい雰囲気。

万平ホテル06
待合スペースと、その奥がカフェテラス。

万平ホテル07
ロビーにある花モチーフの丸型ステンドグラス。

万平ホテル08
こちらのステンドグラスは、江戸時代の軽井沢宿の長閑な風景が描かれている。

万平ホテル09
照明や椅子にはオリエンタルなデザインの物も見られ、西洋式ながらやはりジャパンホテルである。

万平ホテル10
外観からロビーだけでも見どころ多い「万平ホテル」。それはやはり現役ならではの見どころでもある。
後編は、通路から食堂、史料室などを拝見。

続き→
スポンサーサイト

Comments

魅力的ですね~
建物自体の美しさと歴史、
昭和11年に建てられた建物でも、調度品は創業時代、明治まで遡るって、よくありますから、そういったことを考えながら室内を歩いているだけでも楽しくなってきますね。
待合いソファがそんな風に。見えました。
私も見にいきたいものです
おばんです、kshun10さん、またお邪魔します。
Re: 魅力的ですね~
kozoh55さん、こんにちは。
明治から大正に建てられたクラシックホテルは、魅力的ですね。
調度品もそうですし、内観全体が漂わせる雰囲気が作り物では出せないですね。







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR