日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

万国旗はためく暗闇二丁目 「小向マーケット」

神奈川県

闇市由来のオンボロ商店街がシリーズ化している最近のレポート。
これまた凄い市場エリアを川崎からお届け。

小向マーケット01
川崎市の小向と言う地の住宅街に突然あるバラック建ての集合体。

小向マーケット02
こちらがアーケード付きの商店街「小向マーケット」である。
油断していると見落としてしまいそうな小さな入口。

小向マーケット03
一歩足を踏み入れると、
薄暗い真っ直ぐな通路が30メートルほどだろうか。人がすれ違うのもやっとの狭い通りが続いている。

小向マーケット04
このマーケットの最大の特徴はこの万国旗だろう。

小向マーケット05
手書き看板と世界の国の旗が頭上に靡いていて、何とも異空間。
静寂の中、風が吹くたび小さくパタパタと音を立てる。

小向マーケット06
本来なら、運動会など明るく華やかなイメージのある万国旗。
例えば遠い記憶としてここを思い出す時、やたらとこの万国旗が頭の中によぎるだろう。

小向マーケット07
何となく昭和の東京オリンピックの頃の賑わいを連想させ、思いを馳せる。
“こんにちは こんにちは 世界の国から♪”
あの頃の賑わいは今何処。懐かしい旋律は残響を伴って...やがて消えた。

小向マーケット08
出口に差し掛かる。
店舗は撤退したのか営業していなかったが、雰囲気は抜群。

小向マーケット09
頭上には開けられたシャッターがあり、手書きでたくさんの文字が確認できる。
古びた手書きのシャッターは戦後からずっと活躍してきたであろう、哀愁が滲み出ている。

小向マーケット10
改めて外から建物裏を見てみる。
それぞれ店舗兼住宅として使っているようで、裏側は生活感が漂っている。

以前、暗闇一丁目として紹介した東京・葛飾の「呑んべ横丁」。
そうか、二丁目はここにあったのか。
まさに戦後の庶民の生活を垣間見たような思いである。
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR