日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

江戸末期の染物屋 「丁子屋店舗兼住宅 前編」

茨城県

中町通りに面して建つ、木造2階建ての商家建築。

丁子屋店舗兼住宅01
こちら「丁子屋店舗兼住宅」は、江戸時代末期に建てられた染物屋。
昭和4年の大火で焼失を免れた商家建築では唯一の建物だそうで、どうりで以降に建てられた看板建築とは趣が随分違う。

丁子屋店舗兼住宅02
現在は「まち蔵藍」という観光施設として活用。

丁子屋店舗兼住宅03
駄菓子や懐かしい玩具等、雰囲気に合った商品が並んでいて好感触。

丁子屋店舗兼住宅04
染物屋だった頃の物も展示してある。

丁子屋店舗兼住宅05
レジ(算盤)の所には、明治時代と昭和初期の手書きの台帳が。
昔の人は筆字が達筆である。

丁子屋店舗兼住宅06
また、貴重な染物屋時代のカタログも見せていただいた。

丁子屋店舗兼住宅07
こちらは模様・柄のカタログ?
おぉ~!俺、江戸小紋とか大好物だから、こういうの興奮するなぁ~!

丁子屋店舗兼住宅08
こちらの建物は内部の見学も可能。
これは是非見てみようじゃないか。

丁子屋店舗兼住宅09
日本家屋の風情を残しながら見学しやすく畳などもキレイ。

丁子屋店舗兼住宅10
喫茶スペースもあり。でもまずは2階を見学してから、と。

後編は2階を見学し、喫茶スペースで一服。
続き→
スポンサーサイト

Comments

これまた嬉しいです
お晩です、kshun10さん。
私は夕方の4時頃にここに辿り着いて、
なにか豆だかかりんとうだかを買ったのを思い出しました。
染物屋さんの図案は、大変貴重なものですね。
この図案からタオルやらいろいろな記事物を選んでもらい
日本橋に制作依頼したんでしょうね。
お店の方といい会話が出来てこそのお宝ショットです。
2階の窓から下を見下ろすと、日本家屋の美しさに心を
うたれた記憶があります。
関東大震災以前の建物が残されている事、ほんとうに
有難いものですね。
またお邪魔します。
Re: これまた嬉しいです
kozoh55さん、こんにちは。
日本家屋の美しさは、年齢を重ねるごとに心にしみますよね。
舶来物のモダンな物に目を奪われがちですが、日本古来の伝統もけして忘れてはいけないですね。
和洋折衷し、独自の美意識を磨いていきたいです。







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR