日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

長閑な町の地下に広がる地下神殿 「首都圏外郭放水路 前編」

埼玉県

春日部市にある世界最大級の地下放水路。町の東西を走る国道16号の直下、深度50mにあるトンネルが今回の冒険地・地下神殿「首都圏外郭放水路」である。
首都圏外郭放水路21
説明を簡単にしておくと、
周辺は川に挟まれた低地のため中小河川の水勢が弱い。そのため大雨で増水した際はなかなか水位が下がらないのだ。
そこで登場するのが放水路。人工的に水位を下げるため大量の水を巨大な調圧水槽にプールし、江戸川へ排出するのである。

予約をすれば湛水時以外は一般見学できるのだが、受付は平日のみ。実は我々数年前にも休みをとって予約したのだが、台風により湛水し見学不可になった過去がある。
今回は満を持しての神殿見学なのである。

首都圏外郭放水路01
施設見学の集合場所になっている「龍Q館」。首都圏外郭放水路に関する資料や模型を展示している。

首都圏外郭放水路02
このスケールの大きい独特な雰囲気を利用しない手は無く、映画やドラマ・CMやMV等撮影にもしばしば使用される。通路にはサインやロケ風景の写真がズラリ。

首都圏外郭放水路04
龍Q館にて一通りレクチャーを受けると、いよいよ実際に地下の水槽へ向かう。

首都圏外郭放水路05
これが地上の入口。入口からは螺旋状の階段で、通常の建物の約6階分を下っていくことになる。

首都圏外郭放水路06
元々見学用施設ではないため、エレベーターなどはないのだ。気分が盛り上がっていいじゃねぇか!

首都圏外郭放水路22
地下に下りきると現れるこちらが、地下トンネルから流れ込む水の勢いを調整するための巨大調圧水槽である。
圧巻!
整然と太い柱が立ち並ぶ様子は、確かに荘厳さを感じさせる。「まるで地下神殿のよう」という評判も頷ける。

首都圏外郭放水路07
長さ177m・幅78m。59本の巨大なコンクリート柱が林立している。

首都圏外郭放水路09
実際に目にすると、柱は円形ではなく長い楕円形になっている。

首都圏外郭放水路10
後編も、この巨大水槽を色んな角度から見て回る。

つづき→
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR