日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

日曜日の浅葱色 「流山駅周辺 後編」

千葉県

流山駅周辺10
前編に続き、「閻魔堂」の紹介。
途中から意外な展開に...。

流山駅周辺11
閻魔堂の看板とともに書かれている「金子市之丞 三千歳墓所」。
金子市之丞とは所謂義賊で、金持ちばかりを狙った盗みを繰り返し、奪った金品を貧しい町民にばらまいたといわれる義賊。

流山駅周辺12
やがて捕らえられ処刑されてしまったが、亡骸を町民がこっそり引き取り閻魔堂の脇に葬ったといわれる。

流山駅周辺13
傍らには市之丞が入れ込んでいたという遊女・三千歳の墓もある。
実は三千歳と恋仲だったのは別の男だったという話もあるが、ありがたい義賊のため町人が勝手にここに葬ってしまったのか。だとしたら三千歳の気持ちは...
詳細は分からない。

流山駅周辺14
さてこちらが閻魔様が安置されている建物。どう見ても普通の民家か集会所のようだ。

流山駅周辺15
1776年(安永5年)銘の木造の座像が安置されている。

流山駅周辺16
普通の民家のような場所に閻魔像が安置されているシュールな光景。
閻魔像は独特のオーラを放っている。

流山駅周辺17
閻魔堂では、金子市之丞と三千歳の墓の前で、定期的に新撰組の出で立ちの女子たちによる演舞が行われていた。入口の賑わいは見物客だったわけだ。
せっかくなので我々も見学。

流山駅周辺18
そんな女子たちと演舞の後談笑していると、いつの間にか冒険メンバーに新撰組のカワイ子ちゃんが加わっているという意外な展開が待っていた。

流山駅周辺19
共に古い町並みを見て周り、ちょっと案内なんかもしてもらったり。

流山駅周辺20
流山はみりんの街とも言われ、古い家屋や蔵が残っていたりして風情が残っている。

しかし、恋は路傍の花。
次の冒険地に向かわなければならない我々は、背中で哀愁を漂わせながら去るのであった(笑)
ありがと~是非また来るぜ~!
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR