日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

レトロ建築探訪・大阪船場編 Ⅱ

大阪府

華やかなりし「大大阪時代」の近代建築を求めて、まだまだ船場地区を冒険。
に続き、かつて金融関係のオフィスが集中していた堺筋エリアを中心に。

大阪船場編11
まずは大阪経済の中心地・北浜のシンボル「大阪取引所ビル」。
下層階は旧市場館の外観を保存したものとなっている。旧市場館は1935年竣工で、新ビルでも円形のエントランスホールの外観のみ残されている。

大阪船場編12
大阪取引所前には、大阪経済界の重鎮の一人・五代友厚銅像。

大阪船場編13
北浜の川沿いには株の仲買業を営む企業の社屋である「北浜レトロビルヂング」。
かなり古い煉瓦造りながら、なんともモダンでエレガントな麗しビル。

大阪船場編14
2階の窓は半円アーチ窓の左右に縦長窓を配したセルリアーナと呼ばれるオシャレな窓。
かわいいアノ娘は セルリア~ナ♪

大阪船場編15
続いて、帯状にめぐらせた瓦がアクセントの、軍艦のような形の「高麗橋野村ビルディング」。

大阪船場編16
入口には、まるで門松のような装飾。しかも三日月を載せたオリジナリティ溢れるデザイン。

大阪船場編17
ギリシャ・ローマ時代を範とする古代様式の元銀行「新井ビル」。

大阪船場編18
古典主義のなかで、微妙に幾何学的に崩されていてスタイリッシュ。
現在1階が人気スイーツ店になっている。

大阪船場編19
その正面あたり、これぞ銀行建築って感じのカタイ建物は「三井住友銀行大阪中央支店」。

大阪船場編20
こちら「伏見ビル」は1923年(大正12年)竣工。最上階の窓の上には丸に十字の変わった装飾。
個性溢れる界隈の近代建築に比べ控えめだが、上品な印象を与える。

さて、次回は船場地区の西エリアへ。
Ⅲへ→
スポンサーサイト

Comments







« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR