日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

これぞオオサカ・パラティアル 「大阪倶楽部」

大阪府

名作の近代建築が点在している大阪・船場地区。その中でも気品高き建物の一つ。

大阪倶楽部01
それがこちら「大阪倶楽部」である。
倶楽部の設立は1912年。紳士のための会員制社交場として、1915年に初代の建物が完成。しかしそちらは火災により焼失し、1924年(大正13年)に現在の建物が再建された。

大阪倶楽部03
現会館は安井武雄の設計によるもの。
現在も会員制を守っているため、建物内部はなかなか見る機会は無いが、演奏会など一般向けの催しもあるにはある。

大阪倶楽部02
入口の上には、大阪倶楽部のエンブレムがある。

大阪倶楽部04
竣工記念冊子で安井は、「南欧風ノ様式ニ東洋風ノ手法ヲ加味セルモノ」と説明していて、自由な発想の装飾が光っている。茶色のスクラッチタイルに覆われ、随所に装飾が施されている。

大阪倶楽部05
トーテムポールの上には妖怪?のような彫り物も。東洋・中近東のモチーフにも感じる。

大阪倶楽部06
建物西側。アーチ窓や四角窓、配置も規則的なのかランダムなのか。

大阪倶楽部07
特にこの装飾濃厚なバルコニーデザインは目を引く。窓には花模様のステンドグラス。

大阪倶楽部08

大阪倶楽部09
他にも注目したい装飾が散りばめられていて、特異な雰囲気を醸し出している。

是非これは蝶タイにカマーバンドで内部見学に行きたい。
設計した安井武雄は、他にも「高麗橋野村ビルディング」や「大阪瓦斯ビルヂング」、また東京の「日本橋野村ビル」などの設計を手がけている。それらは「船場地区レトロ建築」探訪で紹介予定なのでお楽しみに。
スポンサーサイト

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR