日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

元最上級遊郭の料亭 「鯛よし百番 後編」

大阪府

前編に続き、大正中期に建てられた遊廓「鯛よし百番」。
恐ろしいまでの豪華さ・風情が期待以上で、胸が高まる。

鯛よし百番11
さて、いよいよ2階の部屋に案内される。

料理を頂く前に、2階もちょっと歩いて見ることにする。

鯛よし百番12
まず従業員用の裏階段か、我々が上ってきた階段とは違う階段があった。

鯛よし百番13
壁には歴史の教科書にでも出て来そうなレベルの高い絵が描かれている。
この様子から見ても、当然往時からあった絵だろう。修復されずに残っている。

鯛よし百番14
我々の部屋には東海道 島田宿と書かれていた。島田宿とは現在の静岡県島田市。東海道五十三次の23番目の宿場。

鯛よし百番15
部屋は大井川がコンセプトの彫刻等があり、テーブルが置かれた一段高い場所は小船を模したデザイン。
きっとここに布団が敷かれていて、ラブホテルでいうベッドの役割だっただろう。

鯛よし百番16
いや、料理も旨かったですぞ。鍋だったんだけど、素材が良くて一つ一つが旨かった。
料亭なのに料理の紹介はこれだけ。

鯛よし百番17
最後に1階の待合室?と思われる、特に豪華な部屋を見学させてもらった。
日光東照宮の陽明門を模した豪華すぎる門が入口。

鯛よし百番18
中には羽衣をまとった天女の絵が。
これから遊女たちに天にも昇る気分にさせてもらうわけですから、う~ん風流ですなぁ。

鯛よし百番19

鯛よし百番20
意味ありげな天狗の面に、金ぴかの装飾。
実際に行かないと、ちょっと味わえない雰囲気がある。

物凄い風情とともに、何か念が篭っているような気もした。いや、念は篭ってるんだろうな。
各部屋でコンセプトがあったりするので、できれば全部の部屋を見てみたかった。
大正時代の美術品に囲まれるような料亭。機会があれば是非、もう一度味わってみたい。
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR