日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ミナミに開いた昭和の華 「味園ビル」

大阪府

大阪ミナミにある複合商業レジャービル「味園ビル」。“味園”と書いて“みその”と読む。
1000人のホステスを擁していたというキャバレー、500人を収容できる大宴会場などが入り、高度成長期からバブル期までは連日大盛況をおさめていた、ミナミの歓楽街を代表する存在だった。
“大阪千日前 味園...味園...味園...”という謎のエコーを効かせたテレビCMは大阪に住んでる人なら誰もが知ってるほど。

味園ビル01
1956年に建てられた建物は、独特のデザインが凝らされた外観が当時としては斬新でモダンな建物だった。

味園ビル06
巨大なネオン看板はいかにも大阪らしい。

味園ビル02
かつて大キャバレーへの入口だったスロープ。夢の世界への入口にふさわしい美しい。
有機的でエレガントな曲線が非日常の世界へと誘う。

味園ビル03
90年代からテナントフロアの大半が空き家状態だったが、現在は若いオーナーを中心にバーや飲食店を誘致。

味園ビル04
何ともサブカル臭漂うカオスな呑み屋街は、夜にならないと開店しない。

味園ビル05
上層はホテルになっている。昭和なゴージャス感がそそる。

味園ビル07
さて、夜になりいよいよ「味園ビル」が活気付く。
赤青ネオンがド派手に咲き、前述のテレビCMに出てくる姿になる。

味園ビル10
1階のエレベーターへの通路は、本物の岩や木が使われた贅沢な庭園風通路。
内装までパワフルなオリジナリティーに溢れている。

味園ビル08

味園ビル09
昼とは違うカオスな雰囲気。この妖しさはたまらん。

現在は日本のサブカルチャー、アンダーグラウンド文化の発信地としても注目されるようになっている「味園ビル」。
大阪らしさ、バブリーな昭和らしさ。歓楽街のカオスな魅力をギュッと凝縮したような魅力ある冒険スポットである。
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR