日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ディープゾーンへのトンネル 「山王市場通商店街 後編」

大阪府

最初は何の気なしに入った商店街。その冒険指数の高さに、途中からじっくりと見ながら歩き始めた。
前編に続き、今回は核ともいえる「山王市場通商店街」へと続いていく。

山王市場通商店街11

山王市場通商店街12
このあたりになってくると、当然観光客の姿は皆無。
場末感がピークに達し、いよいよ“潜入している”感が強くなってくる。

山王市場通商店街13
我々がヨソ者である事はすぐに分かるらしく、酔った変なオッサンが遠くから言葉にならぬ言葉を吐き捨ててくる事も。
そう、我々は今、西成にいるのである。

山王市場通商店街14
1958年(昭和33年)の売春防止法以降、飛田遊廓は表向きには廃業したため、商店街の客足は減少。
加えて西成暴動が起こった事も手伝って、「危険な街」と認知されるようになっている。

山王市場通商店街15

山王市場通商店街16
新世界」が観光客にも馴染める街になってきている一方で、こちらは戦後のまま時が止まっているかのよう。
暗く陰鬱とした空気感だけが、通りを漂う。

山王市場通商店街17
こちらのそば・うどん・丼物の「助六」。看板から佇まい含め、凄まじいタイムスリップぶり。
現役かどうかは不明だが、ある意味博物館クラスともいえる。

山王市場通商店街18
「山王市場通商店街」の出口には、随所にビリビリに破れたテントや庇がユラユラ揺れている。

山王市場通商店街19
山王市場通商店街と共に東西に走る商店街、「新開筋商店街」。

山王市場通商店街20
こちらは灯りのついた同じ看板が並び懐かしい感じの商店街ではあるが、道幅も広く人通りも比較的多い。
ただ、裏寂しい雰囲気はやはり共通している。

商店街近くには暴力団事務所も多いそうで、無闇に写真を撮影すると注意されるらしい。
近隣にあいりん地区があり、治安の悪さを指摘されているエリアなので、訪れる際は注意されたし。
スポンサーサイト

Comments







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR