日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

長崎花街の残滓 「丸山遊郭跡」

長崎県

江戸の吉原、京の島原とともに、日本三大遊郭の一つとして知られている長崎の丸山。

丸山遊郭跡01
こちらは「思案橋の碑」。
この付近にはかって玉帯川が流れ、遊郭へ“行こか戻ろか”と思案したので名付けられたという遊郭への門前橋、思案橋が架かっていた。

丸山遊郭跡02
この石垣は、遊郭が塀や石垣で隔離されていた事を物語っている。
丸山の特徴として、丸山の遊女が唐人屋敷や阿蘭陀屋敷(出島)への出入りが許されていて、唐人や阿蘭陀人との交流があった事が挙げられる。
祖国を離れた外国人にとって、丸山の遊女は何よりの癒しであり、「丸山の戀は一萬三千里」と唄われた。
この丸山遊郭は、日本はおろか海外にまで名の知れた遊里だったのだ。

丸山遊郭跡03
何ともそそる街並。華やかかりし往時の雰囲気が香る。

丸山遊郭跡04
こちらは今も料亭などに芸者を派遣する「長崎検番」。赤ちょうちんには現役の芸者の名前が書かれている。

丸山遊郭跡05

丸山遊郭跡06
石垣や塀に加えて、階段や坂が多いのも特徴。

丸山遊郭跡07
「中の茶屋」は、丸山の遊女置屋筑後屋が茶屋を設けていたところ。
内外の文人墨客が好んで遊び、長崎奉行の巡検の際は休憩所にあてられたそうだ。

丸山遊郭跡08

丸山遊郭跡09
風情あるこの通りは「忍び坂」といわれ、かつて丸山遊郭で遊んだ男達が帰る際、丸山の大門を通るのは気が引けるというので、この裏階段を忍んで通っていたことから名付けられたのだという。

丸山遊郭跡10
明治時代から同じ場所で県下随一の歓楽街を受け持っているという丸山町交番。
歴史は古く、石造りの現在の交番も丸山のシンボル的存在となっている。

昭和33年の売春防止法により、丸山遊郭はその役割を終えた。

とかく、闇に葬られがちな遊郭の歴史。
ここ丸山も花街だったその歴史さえ消えつつあるが、遊女達の活躍無しでは長崎の繁栄は無かったはずであり、由緒ある歴史の地である。
スポンサーサイト

Comments







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR