日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ヒヤリ!リアルな暗闇ダンジョン 「足尾銅山観光 前編」

栃木県

“日本一の鉱都”とよばれた足尾銅山。1610年(慶長15年)に銅山開山し、坑道の長さの総延長は1234km。なんと東京から博多の距離になるそうである。1973年(昭和48年)をもって採鉱を停止、発見以来360余年の銅山を閉じた。
そんな足尾銅山の再現をはかって始められた国内最大の坑内観光が、今回の「足尾銅山観光」である。観光という名からぬるい観光地と侮られがちかも知れないが、いやいや冒険指数は高いトコですぞ。

足尾銅山観光01
「足尾銅山観光」は閉山7年後の1980年(昭和55年)にオープン。
昭和的な“ようこそ足尾銅山観光へ!”というアーチが入り口だ。

足尾銅山観光02
坑道にはこのような人形が置かれ、江戸時代~明治・大正~昭和時代と年代ごとに展示されている。待合エリアでは予告のように2体の人形が置かれている。
当然ながら実際の坑道が開放されているため、現場の雰囲気を垣間見ることが出来る貴重な施設である。

足尾銅山観光03
それでは30人乗りくらいのトロッコ列車に乗って、坑道冒険に出発!
と、いってもトロッコはコトコトとゆっくり進み、歩いて行ったほうが早いような短い距離を進むのみ。

足尾銅山観光04
坑道入口が見えてくると、大人になっても冒険心がフツフツ、やはり胸は高鳴る。

足尾銅山観光05
坑道は薄暗く、トロッコ列車が通る部分以外はすれ違うのもやっとの狭い道も多い。

足尾銅山観光06
我々としては、こうでなくっちゃな雰囲気だ。
それでは、探索を始めよう。

足尾銅山観光07
トロッコの終点先にはサーチライトで照らせる展示。立ち入り不可エリアながら、どこまでも続いているかのような長い坑道が見られる。

足尾銅山観光08
ディズニーランドなどで作り物の坑道は進んだことあるけど、ホンモノは初めてだ。

足尾銅山観光09
上に川が流れているため、どこもかしこも水がピチョンと滴り、これまた幻想的な雰囲気。

足尾銅山観光10
誰かこっちに向かってるなぁ、と思っていたら江戸時代エリアの人形か。
待合で見たときはB級スポット的で笑えたが、暗闇で見ると...怖いんスけど~。

この日は我々の他に、老人会の団体みたいな人々と、ファミリーが主。それも大して展示を見ずにスイスイ進んでしまうのだ。思うに、展示の人形や案内板をメインに見ているので、坑道のリアルな雰囲気を楽しむ事が出来ずにいるようでもったいない気が。
他人の見方をとやかく言うつもりは無いが、もしかすると人形による再現は別コーナーで展示し、坑道はシンプルな案内板のみの方が良いかも知れない。そうすればリアルな坑道がより生きるのでは?

まだまだ先はある。暗く静寂に包まれた坑道の続きは後編で。
続き→
スポンサーサイト

Comments


暗い坑道に人形とか!!
ちょっと怖かったりしますねww
Re: タイトルなし
怖さありますよね~v-12
人によってはお化け屋敷扱いして、早く出たがってました。
寅ちゃん&タコちゃん
v-205癒し系チャンは、タコ社長みたいな方なんですか!じゃあ、憎めないキャラなんですねv-218

寅ちゃん10と11、借りてきましたよーv-338

今から観ますよ。八千草薫さんって、品のある方ですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 寅ちゃん&タコちゃん
もし公開が嫌なら言ってね~。コメント消しておくから。
11話はなんだっけなぁ。10の教授が面白いよv-8
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR