日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

蠱惑的な迷宮 「唐人屋敷周辺」

長崎県

二十歳くらいの時だったかな。
オランダ坂から新地中華街への近道のつもりで偶然迷い込んだのがここ。以来、この不思議な魅力に取り憑かれ長崎に行った際は必ずと言っていいほど立ち寄ってしまう。住所は十人町と館内町あたり。
唐人屋敷跡は別の機会に紹介するとして、今回は周辺の町並みにスポットを当てる。
それでは、蠱惑的な迷宮「唐人屋敷周辺」へ案内しよう。

唐人屋敷周辺01
古い校舎のそばの目立たない路地。異国情緒のある階段を抜ける。

唐人屋敷周辺02

唐人屋敷周辺03
道が狭いので家屋が迫り、周りの景色が見えにくいのだ。

唐人屋敷周辺04
なので方向感覚がつかみにくく、迷宮の深みにはまってしまう。

唐人屋敷周辺05
唐人屋敷は周囲を堀と堀で囲まれ、外側は竹垣を配置。外の世界とは遮断されていた。この水路はその堀の跡。

少し歴史に触れておくと、唐人屋敷とは江戸時代の鎖国政策により長崎に設置された中国人住居地区。
当初はキリスト教徒ではない中国人は長崎市内に雑居することを許されていた。しかし、密貿易が増加したため、長崎奉行所では中国人の居住地区も制限することになった。

唐人屋敷周辺06
懐かしいホーロー看板がいっぱい。いいねぇこれ。文房具屋かな?
マニアに見つかったら買い取られてしまいそうだ。ここにあるからいいのにね。

唐人屋敷周辺07
十人町の中の銭湯。営業しているかは不明だが、独特の装飾がニクい。

唐人屋敷周辺08
そして、館内町にあるこの市場。

唐人屋敷周辺09
古ぼけたこの市場は、八百屋や肉屋など食料品店舗が集まっている。

唐人屋敷周辺10
暗く怪しいこの空間。この日は日曜日だったため店は全て閉まっていたが、平日は開いている。無論、観光客には近寄り難いディープな雰囲気だが。

とにかくここでは再開発などとは無縁で、感光地や市街に囲まれつつも独自の時間の経過を遂げてきたようだ。
既視感にも似た不思議な感覚を抱かせるこの雰囲気。懐かしく、でも新鮮で、そして気持ちがいい。
スポンサーサイト

Comments


shun10さん、でよろしいでしょうか?
はじめまして、琺瑯看板を求めて全国をさすらっているKANKANといいます。
十人町の琺瑯看板を見てついお邪魔してしまいました。(苦笑)

昨年夏にここを訪ねた時には看板が全てなくなってしまってました。
この写真はいつ頃のものでしょうか?
以前はたくさん看板があったんですね。

最近はどこでも看板がなくなっていて、懐かしい風景が消えるのを見るたびにさびしい気持ちになります。
Re: タイトルなし
KANKANさん。コメントありがとうございます。
そうですか、やはり無くなってましたか~。
訪れたのは今年なんですが、ホーロー看板の写真は以前に訪れた時のものです。いい写真だったので載せました。
ホーロー看板は街中で見ることが年々減ってしまいますね。







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR