日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

日本最古の現存キリスト教建築 「大浦天主堂」

長崎県

1865年に建立された日本最古の現存するキリスト教建築物「大浦天主堂」。

大浦天主堂1
正式名は日本二十六聖殉教者堂。その名のとおり日本二十六聖人に捧げられた教会堂で、殉教地である長崎市西坂に向けて建てられている。コンクリート製に見えるが木造。現存するものでは日本最古の木造教会である。
1933年に国宝に指定された。

大浦天主堂2
西洋建築に、金色で「天主堂」と漢字で書かれていて、このバランスがたまらない。

大浦天主堂3
正面にある聖母マリア像。「日本之聖母 慶応元年三月十七日 信徒発見記念」と記されている。
これは浦上の潜伏キリシタンが大浦天主堂を訪ね、神父に密かに信仰者であることを名乗った「信徒発見」のこと。

大浦天主堂6
内部は美しいステンドグラスが、幻想的に光り輝いている。
コウモリ傘のようなリブ・ヴォールト天井が見える。

大浦天主堂4

大浦天主堂5
他にも様々な装飾がなされていて、建造物としての美しさを感じる。西洋建築に瓦屋根。
長崎市への原爆投下によって破損したが、爆心地から比較的離れていたため焼失は免れた。

裏手には、こちらも国の重要文化財である「旧羅典神学校」があり、キリシタン資料室として公開されている。
こちらを見ると、いかにしてキリスト教が日本にいったか、その歴史の一部を垣間見る事ができる。
スポンサーサイト

Comments







« »

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR