日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

東洋一のマンモス団地 「松原団地 後編」

埼玉県

松原団地11
前編に続き、松原団地のC地区、D地区を歩く。

松原団地12
C地区の4階建ても、入り口が封鎖された箇所が点在している。

松原団地13
建物の土台だけを残しているのだろうか。まるで古代遺跡のような佇まい。

松原団地14
封鎖されていない入り口で寛ぐネコを発見。あのコは団地の運命を知らないのだろう。

松原団地15
鬱蒼とした緑に覆われるテラスハウス。
C地区・D地区は、こういったテラスハウスタイプが多い模様。

松原団地16
多くは空き家状態のようで、建物ごと閉鎖された箇所も目に付く。
もはや解体を待つのみの、物悲しい姿を晒している。

松原団地17
緑は建物を覆わんばかりに伸び放題。放っておけば建物が完全に覆われてしまうだろう。

松原団地18
植物に覆われた廃墟、両側を緑に囲まれている通路には、残酷なほどの美しさがある。
このまま放置した状態を見てみたい気もするが...。

松原団地19
団地内にはいくつか公園もある。
かつては全ての公園が子供達の声にあふれ、明るい時代が続いていたに違いない。

松原団地20
折しも団地入居が開始された1962年(昭和37年)といえば、東京都の常住人口が1000万人を突破し、世界初の1000万都市になった年である。
しかし今や居住者は高齢化が進む一方。公園は遊び場の役割を終えもっぱらただの風景でしかないのか。

再開発は2015年に完了予定、松原団地は「コンフォール松原」として生まれ変わる。
スポンサーサイト

Comments







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR