日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

万満寺の門前町の名残 「馬橋駅周辺」

千葉県

今回の冒険は松戸市馬橋にある「馬橋駅(まばしえき)周辺」。...そう、かなりマイナーな駅には違いない。
だが日本全国の冒険には、こんな近隣の人々しか聞いた事のないような場所に行くのも、こりゃまたオツな話だっつーの。

馬橋駅周辺01
江戸時代には水戸街道の「間の宿(あいのしゅく)」、つまり宿場と宿場の間の休憩施設があった馬橋。
街のあちこちで、風情ある日本家屋や門・塀を目にする。

馬橋駅周辺02
駅の周りには役目を終えた建物もちらほら。

万満寺01
馬橋駅周辺の注目は東口。重要文化財の仁王像がある「万満寺」があり、東口周辺は門前町にあたる。
こちらには明治時代の駅開業以来の古い商店街が存在している。

馬橋駅周辺03
その商店街は何とも懐かしい感じの風景。

馬橋駅周辺04
庇には以前の屋号が消してあるけど消えきってなくて、入り口の提灯には「まじょ」と書かれている。
こういう風景になるとツッコミどころが出てきて、我々的には好感触。

馬橋駅周辺05
この理容店なんか、バラック建てながらレンガ造り風に飾られていて、サインポールを小粋な街灯のように演出。
オシャレ心を感じるではないか。

馬橋駅周辺06
昭和な雰囲気プンプンの「おしゃれの店 ちぐさ」。アンニュイな空気漂う。

馬橋駅周辺07
さらに古そうなこの建物は、何の店舗だったかわからない状態。
現在は自転車置き場になっている模様。

馬橋駅周辺08
強烈だったのがこちら。角地に立つ呉服・洋品店「信濃屋」。

馬橋駅周辺09
ファサードにあたる入り口上のコンクリート部分が落下寸前(!)といった様子。

馬橋駅周辺10
さらに、よく見るとかなり亀裂が入っているのだ。外壁落下の防止用ネットは張られているものの、そのものが落ちてしまっては...。童謡「ロンドン橋落ちた」を地で行くような、なんて言ってる場合ではなさそうである。
こちらも自転車置き場として、かろうじて機能している。
スポンサーサイト

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR