日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

日本最古の湯宿建築 「積善館 後編」

群馬県

積善館11
前編に続き、日本最古の湯宿建築「積善館」の紹介。

積善館12
こちらは「元禄の湯」の正面にある「上段の間」。
代官や役人、武士等身分の高い客が泊まっていた部屋で、床も天井も一段高くなっている。

積善館13
格子模様や木組みには当時の名工の繊細な技が光る。

積善館14
そしてここも大きな見どころ。
本館から山荘へのエレベーターへとつながるトンネルである。

積善館15
「浪漫のトンネル」 と呼ばれるこのトンネルも、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に出てくる不思議の街に続くトンネルのモデルといわれている。

積善館16
このトンネルを横から見ると、斜面の下にある本館から地下へ入っていくのがよく分かる。

積善館17
トンネルの小さなヒビ等からも温泉が入り込んでしまうため、トンネルの床はタイルの上に板を乗せている。

積善館18
続いて山荘。
昭和11年の建築で、優れたデザインや建築方法により国登録文化財、群馬県近代化遺産に指定。

積善館19
桃山様式の粋があつめられた建物の随所に、当時の名工の技が冴えわたる匠の世界。
この部屋も細かな細工が施された組子の装飾に、名工の繊細な技が光っている。

積善館20
「千と千尋の神隠し」で見た、神秘的なオリエンタルファンタジーの世界を肌で感じる事ができる「積善館」。
モデルに使われたとされる橋やトンネルは、製作側から公言されている事では無いのであくまで“モデルになった説”であるが、実際宮崎駿監督が宿泊に訪れていたのは事実だし、それでなくても神秘的なムードが満載の湯宿は一見の価値アリである。
スポンサーサイト

Comments


一度は見てみたかった旅館内の姿を
こうして見れて幸せです。
古ければ古いほど身分社会の時代の名残りが
こうして今も残されていることが凄いです。
格子の芸術、建物のすべてに行かされているようですね。
ため息が出るほど美しいです。
お晩です、kshun10さん、またお邪魔します。
Re: タイトルなし
こんにちは。
繊細で芸術的な装飾は圧巻でしたよ。江戸情緒があるのもいいですね。
上段の間は、武士が槍を立てて置ける(襲われたとき振り下ろせる)ような高さが重要だったそうですよ。
川*^艸^)
浪漫のトンネル内に、ロマンチストな kshunちゃま♪ (笑)

マッチしてますv-218
Re: 川*^艸^)
異空間のトンネル、萌えました~v-107







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR