日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

夢にまで見た東洋の魔窟 「ウェアハウス川崎店」

神奈川県

川崎駅から数分のところにある、ジャンル的にはアミューズメントパークになるのだろうが、とにかく冒険気分を盛り上げてくれるスポットがある。

ウエアハウス川崎店01
それがこちら「ウェアハウス川崎店」。
錆びたような赤茶けた色が存在感抜群のビル。“あなたのウェアハウス”という字が若干興ざめな気もするが。
外観からすると意外な感じだが、ゲーセンとやネットカフェ等が入っている。

ウエアハウス川崎店02
ぬぬぬ、雰囲気あるじゃねぇか。18歳以上の年齢制限があるのも期待値が高まる。
逆さまに福と書かれた看板に“歓迎光臨”と書かれた入り口は、本場モノなら入るのにかなり勇気が必要である。

ウエアハウス川崎店03
扉を開けると、今度は「電脳九龍城」という文字。
そう、実はこちら、かつて香港にあった伝説の巨大スラム街「九龍城」をモチーフとしているのだ。

「九龍城」は、無計画な建設のために九龍城砦の街路は迷路と化し、売春や薬物売買、賭博、その他違法行為が行われていた東洋の魔窟。まさに「アジアン・カオス」の象徴的存在だった本物の九龍城は、1993年から1994年にかけて取り壊された。

そう考えるとますます興味がわいてきた。
九龍城は一度は訪れてみたかった場所(まぁ実際に行ったら無事に帰って来れる気がしないが...)。
本物を訪れる事が夢と消えた今、せめて殺伐としたアジアン・カオスを雰囲気だけでも味わいたい!
今回は、そんな擬似・九龍城「ウェアハウス川崎店」の冒険だ。

ウエアハウス川崎店04
一階通路からあの殺伐とした危険な細い路地の雰囲気がよく出ている。

ウエアハウス川崎店05
通路には、まるでバイオハザードの世界を思い起こさせるような箇所も。

ウエアハウス川崎店06
そして2階。ここはカオスな市場・住宅モチーフで、所々にゲーム機が設置されている。

ウエアハウス川崎店07

ウエアハウス川崎店08
窓の灯りや洗濯物等、屋台など生活感が巧みに表現されている。

ウエアハウス川崎店09
煤けた壁に、中国語の張り紙も心憎い演出。

ウエアハウス川崎店11
普段ゲーセンに行かない我々も楽しめる、本気度高い雰囲気作り。
知らないと何の店か分かりにくいし、入りにくいかもね。
スポンサーサイト

Comments

ぬ ぬ ぬ
18歳以上に思わず 反応v-114v-74

上から 三枚目のお写真、そのままポスターにしたら
良さそうですね。
お客さんいっぱい来るかも。v-209v-209v-209

場所が 東京だったら 絶対に行くんだけどな~川*^_^)
Re: ぬ ぬ ぬ
凄いですよね~絵になるでしょ?ココv-114
こういうところが色んなトコにあるとおもしろいですよね~v-85







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR