日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

川向こうの宿場町 「松戸駅周辺 後編」

千葉県

水戸街道の宿場町だった松戸は、水戸と江戸の間に存在するため、徳川将軍家及び水戸徳川家とのつながりが強かった。

松戸駅周辺12
前編に引き続き、街道沿いの古い建物を探す。
こちら「相幸酒店」も、奥の木造部分はかなり古そうである。

松戸駅周辺13
こちらも古い2軒並び。近くを通るとただの古い建物に思えるが、どちらも古い木造の建物だ。

松戸駅周辺14
左の建物の銅板部分をよく見ると、江戸情緒のある模様を取り入れていて凝っている。

松戸駅周辺15

松戸駅周辺16
錆びたトタンがアートになっている建物も散見。
かつて店舗だった形跡があるが、現役の店は少ないようだ。

松戸駅周辺17
綺麗に梅が咲いて長閑な風景のこちらは一級河川の「坂川」。
江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜が明治時代にこの辺りで川を撮影した写真も残っている。すぐ近くの「戸定邸」に仲良しの弟・徳川昭武が住んでいたので度々松戸を訪れていたそうだ。

松戸駅周辺18
この川には明治の遺構がある。
1898年(明治31年)に建てられた、通称「めがね橋」という煉瓦造りの3連アーチ橋。

松戸駅周辺19

松戸駅周辺20
3連アーチながら「めがね橋」と呼ばれているが、正式名称は「小山樋門」というらしい。

運河としても使われた坂川は古くからあり、清らかな水が流れる原風景が広がっていた。
街道の東側は田畑が広がり、米が豊富だったという松戸宿。
宿場町の名残が思ったより残っていていいねぇ。駅周辺の再開発は宿場町の方にまで至るのだろうか。
スポンサーサイト

Comments

松戸特集、嬉しい限りです
お晩です、kshun10さん。
行きたいと思っていた街です、紹介してくださり嬉しいです。
千葉では都市部になってますので、古い建物は少なくなって
いるのかなあとか思ってましたが、
たくさん残ってますね。看板建築も豊富にありそうですし、
めがね橋は一見の価値あり、の美しさを感じました。
自分も年内に行ってみたいと思います。
それと、川崎ウェアハウス、何とも見かけてますが、
こんな迫力の施設だったとは知らなかったです~
こちらも行きたくなりました。
またお邪魔します。
Re: 松戸特集、嬉しい限りです
kozoh55さん、こんにちは。
今回はkozoh55さんの記事で見た石岡も候補にあがっていましたが、松戸に行って来ました。
宿場町だったところなので、木造の風情ある街並は残っていました。かつて原風景が広がっていた長閑な川の周りも、いい気分で歩けるところです。

ウェアハウスは、凄いですよ~。全国にこんな絵になる施設があることを期待しています。







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR