日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

高架下タイムスリップ 「国道駅 後編」

神奈川県 > 横浜市
前編に続き、国道駅の高架下に潜入。

国道駅11
通りの両側には住宅を兼ねた店舗が往時の姿のまま並んでいる。
「三宝住宅社」と書かれたこちらも、店自体は役割を終えているものの看板が残っている。

国道駅12

国道駅13
高架下はアーチ型の橋脚が続き、昼間でも薄暗い。

国道駅14
ほとんどの高架下建物は、店舗兼住宅だったようだ。なんとも哀愁たっぷりの光景。
その一つ一つが、かつて人々が存在し、営んでいた生活の証しである。

国道駅15
嬉しい事に構内で営業中らしき店もあった。「やきとり国道下」。

国道駅16
こちらは閉鎖されているが、「KEY STATION」と書かれていた跡が。
ラジオ局でもあったのか、それともホントのキー(鍵)の店だったのか。

国道駅17
ただ、近年はやはり老朽化のため高架下の建物が次々に閉鎖されているよう。
ほとんどの建物にベニヤ板が貼られ、解体が遠くない雰囲気。

国道駅18
前編で紹介したのとは反対側の出口。
建物はやはりネットが張られ、老朽化は顕著。
見たい人は是非早めに見学を。
スポンサーサイト
Newer Entry蠱惑の時計台・時計塔シリーズ③ Older Entry高架下タイムスリップ 「国道駅 前編」

Comments

改めて
うっとりとして拝見しました。
まさに稀有な姿を今に残してくれていますね。
駅が開設された時のこの「商店街」の
華々しいすがたをついつい想像してしまいます。
確かに「今でしょ」の典型的な場所ですね。
おばんです、kshun10さん。
あれから他の駅と鶴見駅をぶらりして
今日、記事をアップしました。
他の駅にも行きたいです。
またお邪魔します。
Re: 改めて
kozoh55さん、こんにちは。
鶴見線の記事、見てますよ。確かに華が無いですよね~華が無いだけに地味な良さが見つかりそうでもあります。
国道駅はすごいですね。いつまで残っているんでしょうか。見た限り近々壊されてしまいそうな感じもしました。


 

 

« »

07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR