日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

華やかな女が通った夢の街 「五条楽園 Ⅰ」

京都府

五条楽園02
江戸時代の運河「高瀬川」。五条大橋の西の袂よりこの高瀬川に沿って歩いていくと、かつて遊郭、そして赤線だった色街がある。

五条楽園00
こちらは「源融 河原院跡」。
「源氏物語」の主人公のモデルといわれる源融が隠棲した河原院があった場所。

五条楽園01
その奥の黒い壁板に嵌るように、謎の小さな鳥居。これ、鳥居は当時のものらしい。
どことなくドンヨリと暗いオーラを感じるが、調べてみるとここに処刑場があったという説も。

五条楽園03
「五条楽園」。
かつてより芸妓と娼妓が混在する花街であり、戦後はいわゆる赤線となり、1958年(昭和33年)の売春防止法施行まで営業を続けていた。色街としては今もなお現役。

五条楽園04
そんな色街で今回紹介するのは、冒険紀行の大好物・遊郭建築である。

五条楽園05

五条楽園07
そこかしこで見かける風情ある遊郭建築の装飾を探し歩いてみる。

五条楽園06
戦災による被害が少なかった京都には、明治~昭和初期に建てられた遊郭建築が多く残っている。

五条楽園09
そのどれもが和洋折衷のモダンな造り。
粋な装飾が施されていて、その多種多様な装飾も大きな見どころである。

五条楽園08
現役の色街ではあるものの、全てがソッチ系の店というわけではなく、普通の民家や民家として使われている旧遊郭の建物もある。

五条楽園10
それでも嬉しい事に、建物がそのまま残っているため風情を損なうことなく、我々のような人間を楽しませてくれるのである。

そんな五条楽園、まだまだ序の口。
次回からは建物の、特に見事な装飾にスポットを当ててたっぷり紹介する。
続き→
スポンサーサイト

Comments

━||Φ|(|゜|∀|゜|)|Φ||━
たてものの 装飾が美しいですね。v-258
トコトコ 歩いてみたいです。
Re: ━||Φ|(|゜|∀|゜|)|Φ||━
そうなんです。装飾がいいですよね~
続きもお楽しみにv-122







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR