日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

裏の横浜の入り口 「野毛町・長者町・福富町」

神奈川県 > 横浜市

港町・横浜という街は、いつも俺に心地の良い異国情緒を提供してくれる。我が生まれ故郷、長崎を思わせるからだろうか。
そんなロマンティックな神奈川県の港町とは違う裏の顔も横浜にはある。それも含めて横浜の歴史なのだ。

裏の横浜01
横浜みなとみらいへの玄関口であり、特に休日には多くの人で賑わっている桜木町駅。
1980年代まで造船所や高島埠頭があった場所は、再開発によりすっかり都市っぽく生まれ変わった。

しかし、いつも観光客で賑わう海側の出口とは逆の市街地に足を踏み入れると、雰囲気もガラリと変わる。

裏の横浜02
まずは裏の横浜の入り口・野毛町。古くから繁華街として栄え闇市と屋台が拡がる地域で、終戦当時を象徴する場所として語られる場所なのだ。

裏の横浜03

裏の横浜04
昭和の猥雑な盛り場のイメージが滲み出ている。ほとんどが飲み屋で現在でも夜は大いに賑わうようだ。

裏の横浜05
あ!出た。“小便するな”の鳥居マーク!これは文字付き!

裏の横浜06
川沿いには、スナック・バーが並列するすごい通りがあった。

裏の横浜08
橋を渡ると、長者町や福富町のエリア。街並はハングルの看板や焼肉店が目立ち始め、デカダンな街の雰囲気を否が応にも感じる。

裏の横浜07
ここはジメっとした歓楽街となっていて、ソープランド等とりわけ性風俗産業等が伸長して現在に至る。

裏の横浜09

裏の横浜10
こちら「億万ビル」。建物は単に古いだけではない独特の佇まいを見せる。どこか日本ぽくない。

みなとみらいを擁する海側の、従来の多くの人がイメージする横浜とはかけ離れた世界が、駅の反対側には広がっている。いかに横浜の表面、浅い部分しか知らなかったかを思い知らされる。
スポンサーサイト

Comments







« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR