日本全国冒険紀行

日本全国津々浦々の冒険記。失われつつある追憶の風景・入りにくいけどイイ店・ワンダフルな建築物から知られざるディープスポットまで...全国の面白いものを独自の視点で紹介!!

ギネス認定の巨大大仏 「牛久大仏 胎内編」

茨城県

前編に続き、世界最大のブロンズ立像「牛久大仏」。

牛久大仏11
1992年に完成したこの若い大仏様は、胎内巡りが出来る。
当ブログでも紹介した胎内巡りといえば「高崎観音」だが、若い大仏だけに胎内だって予想外のワンダーワールドが。実は外観編よりこっちの胎内編の方が強烈な印象なのである。

牛久大仏12
まず入り口では1度暗転し、解説後に扉が開く。
すると鮮やかな光が混ざり合う、あっと驚くサイバーエリアが広がっている。

牛久大仏13
ちょっと見えづらいが、光を放ち浮かぶ如来像群。

牛久大仏14

牛久大仏15
大仏の胎内である事をすっかり忘れてしまうような、極彩色の光の世界。
まるでアーティスティックな舞踏のステージを思わせるような空間である。

牛久大仏16
2階には大仏の建築過程の写真や、構造を解説する物が展示されている。

牛久大仏17
形状が複雑な両手部分は、別に地上で組み上げ巨大クレーンを用いて吊り上げられた。
作業する人が乗っていて、大仏のとてつもない大きさがよく分かる写真だ。

牛久大仏18
こちらは阿弥陀如来への感謝の気持ちを込めて写経を行う部屋。

牛久大仏19
3階は「蓮華蔵世界」と呼ばれる、圧巻のワンダーエリア。
極楽浄土を表現した金色の世界。

牛久大仏20
約3400体の胎内仏がズラリと並び、参拝者を沢山の目で見つめている。

牛久大仏21
胎内は、大仏の中である事を忘れてしまうようなワンダフルな世界。
外観だけで帰ってしまうなんてもったいない。是非胎内巡りもオススメ!
スポンサーサイト

ギネス認定の巨大大仏 「牛久大仏 外観編」

茨城県

牛久大仏01
今回はお待ちかね、茨城県牛久市にあるブロンズ立像としては世界最大の「牛久大仏(正式名称は牛久阿弥陀大佛)」の紹介。

牛久大仏02
大仏にたどり着く前に、「雲の道」と呼ばれる参道には大仏の大きさを再認識するような様々な物が展示されている。
こちらは大仏頭部の螺髪(らほつ)と同じもの。直径1m。

牛久大仏03
こちらは大仏の頭部の1000分の1相当のもの。1000分の1でこの大きさ!...ってあんまりピンと来ないけど。とにかくめちゃくちゃデカイのである。

牛久大仏04
大仏までの直線の参道「白道」の入り口にあたる門。

牛久大仏05
裏から見ると、おや、まるで合成写真の様にうまく大仏様のお顔が写っているではないか。

牛久大仏07
こうしていよいよ大仏を正面から拝める。
正面に来ると、やはりそのケタ外れの大きさに圧倒される。全高120m(像高100m、台座20m)、1986年に工事が着工し、1992年12月に完成した。

牛久大仏08
世界最大のブロンズ立像(立像の高さとしては世界3番目)。その大きさは、奈良の大仏が手のひらに乗り、ニューヨークの自由の女神像の3倍近く。人差し指だけで7mあるそうだ。
ギネスブックに「世界一の大きさのブロンズ製仏像」として登録されている。

牛久大仏09
大仏の大きさを伝えたくて、ついつい大仏写真ばかりになってしまいそうだが、こちらも「日本一の大香炉」。獅子の頭に獅子の脚(?)がついた力強いデザインの豪儀な香炉。

牛久大仏10
牛久大仏は胎内巡りもできる。
そのワンダーワールドな胎内は後編で。

続き→

夢にまで見た東洋の魔窟 「ウェアハウス川崎店」

神奈川県

川崎駅から数分のところにある、ジャンル的にはアミューズメントパークになるのだろうが、とにかく冒険気分を盛り上げてくれるスポットがある。

ウエアハウス川崎店01
それがこちら「ウェアハウス川崎店」。
錆びたような赤茶けた色が存在感抜群のビル。“あなたのウェアハウス”という字が若干興ざめな気もするが。
外観からすると意外な感じだが、ゲーセンとやネットカフェ等が入っている。

ウエアハウス川崎店02
ぬぬぬ、雰囲気あるじゃねぇか。18歳以上の年齢制限があるのも期待値が高まる。
逆さまに福と書かれた看板に“歓迎光臨”と書かれた入り口は、本場モノなら入るのにかなり勇気が必要である。

ウエアハウス川崎店03
扉を開けると、今度は「電脳九龍城」という文字。
そう、実はこちら、かつて香港にあった伝説の巨大スラム街「九龍城」をモチーフとしているのだ。

「九龍城」は、無計画な建設のために九龍城砦の街路は迷路と化し、売春や薬物売買、賭博、その他違法行為が行われていた東洋の魔窟。まさに「アジアン・カオス」の象徴的存在だった本物の九龍城は、1993年から1994年にかけて取り壊された。

そう考えるとますます興味がわいてきた。
九龍城は一度は訪れてみたかった場所(まぁ実際に行ったら無事に帰って来れる気がしないが...)。
本物を訪れる事が夢と消えた今、せめて殺伐としたアジアン・カオスを雰囲気だけでも味わいたい!
今回は、そんな擬似・九龍城「ウェアハウス川崎店」の冒険だ。

ウエアハウス川崎店04
一階通路からあの殺伐とした危険な細い路地の雰囲気がよく出ている。

ウエアハウス川崎店05
通路には、まるでバイオハザードの世界を思い起こさせるような箇所も。

ウエアハウス川崎店06
そして2階。ここはカオスな市場・住宅モチーフで、所々にゲーム機が設置されている。

ウエアハウス川崎店07

ウエアハウス川崎店08
窓の灯りや洗濯物等、屋台など生活感が巧みに表現されている。

ウエアハウス川崎店09
煤けた壁に、中国語の張り紙も心憎い演出。

ウエアハウス川崎店11
普段ゲーセンに行かない我々も楽しめる、本気度高い雰囲気作り。
知らないと何の店か分かりにくいし、入りにくいかもね。

川向こうの宿場町 「松戸駅周辺 後編」

千葉県

水戸街道の宿場町だった松戸は、水戸と江戸の間に存在するため、徳川将軍家及び水戸徳川家とのつながりが強かった。

松戸駅周辺12
前編に引き続き、街道沿いの古い建物を探す。
こちら「相幸酒店」も、奥の木造部分はかなり古そうである。

松戸駅周辺13
こちらも古い2軒並び。近くを通るとただの古い建物に思えるが、どちらも古い木造の建物だ。

松戸駅周辺14
左の建物の銅板部分をよく見ると、江戸情緒のある模様を取り入れていて凝っている。

松戸駅周辺15

松戸駅周辺16
錆びたトタンがアートになっている建物も散見。
かつて店舗だった形跡があるが、現役の店は少ないようだ。

松戸駅周辺17
綺麗に梅が咲いて長閑な風景のこちらは一級河川の「坂川」。
江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜が明治時代にこの辺りで川を撮影した写真も残っている。すぐ近くの「戸定邸」に仲良しの弟・徳川昭武が住んでいたので度々松戸を訪れていたそうだ。

松戸駅周辺18
この川には明治の遺構がある。
1898年(明治31年)に建てられた、通称「めがね橋」という煉瓦造りの3連アーチ橋。

松戸駅周辺19

松戸駅周辺20
3連アーチながら「めがね橋」と呼ばれているが、正式名称は「小山樋門」というらしい。

運河としても使われた坂川は古くからあり、清らかな水が流れる原風景が広がっていた。
街道の東側は田畑が広がり、米が豊富だったという松戸宿。
宿場町の名残が思ったより残っていていいねぇ。駅周辺の再開発は宿場町の方にまで至るのだろうか。

川向こうの宿場町 「松戸駅周辺 前編」

千葉県

かつて水戸街道の宿場町として栄えてきた松戸。
長らく東京(江戸)の近郊農村地域だったが、近年は東京のベッドタウンとして発展。

松戸駅周辺01

松戸駅周辺02
駅の東西両方にペデストリアンデッキがあり、駅周辺にはデパートやコンビニ等商業施設が集中している。

松戸駅周辺03
だが駅を少し離れると、下町っぽさと農村っぽさの混じったような鄙びた町並みに変わる。

松戸駅周辺04
ここから、かつて旧水戸街道にあった宿場町の名残りや、戦前に建てられた様な古い建物を探してみる。

松戸駅周辺05
松戸の街道沿いには、風情ある木造建築が多く残っている。

松戸駅周辺06
ただ周りには駅付近を中心に目下再開発が進み、高層化が目立つ。
古き良き町並みを威圧するように聳え立つ。

松戸駅周辺07
こちらも古き木造建築に、こりゃピッタリの和菓子屋「岡松」。

松戸駅周辺08
また板塀も残っていると、これまた味わい深い。
こちらも隣りの建物が取り壊されていて、ちょっと肩身が狭そうだ。

松戸駅周辺09
こちらは立派な瓦屋根ながら壁に煉瓦を使っている建物。

後編もこの街道を進んで、古き良き町並みを探し歩いてみることにする。
続き→

蠱惑の時計台・時計塔シリーズ③

シリーズ物 > 蠱惑の時計台・時計塔

全国版時計シリーズ第3弾。今回は千葉県・舞浜駅で見つけた時計。
さすがネズミの国の最寄り駅。女子ウケも良さそうなメルヘンな時計がいっぱい。同じ一分一秒でも、ここではファンタジーな時が刻まれているわけだ。
今何時?そうねだいたいね!

舞浜駅の時計1

舞浜駅の時計2
「スペード&クローバー」
まずは駅のスペードとクローバーの時計。よく見るJRの駅の時計も形が違うだけでこんなにオシャレになるのだ。

舞浜駅の時計3
「トランプ時計」
駅の改札近くには、今度はトランプの四種のスートが勢ぞろいした四面時計も。

舞浜駅の時計4
「舞浜マリンテイスト」

イクスピアリの時計
「イクスピアリの時計」

« »

03 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
姉妹サイト
プロフィール

k.shun10

Author:k.shun10
O型天秤座♡
長崎生まれの東京育ち

ブログスカウター
検索フォーム
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
QRコード
 
QR